米子の町家の庭園ツアー2020/02/15

 米子市が『まちなかを巡るモニターツアー』で米子の町家の庭園ツアーを募集していて、参加条件はブロガ-とあり、申し込んでみたらモニターに決定しました。非公開の町家の庭園を見せて頂くなんて滅多にないチャンスです。


 見せて頂くのは米子のトップファイブに入る豪商の庭園。先ずは内町後藤家の分家のお屋敷。写真は本家の母屋。


 元々は大正天皇が皇太子の頃、米子に来られた時、御付きの高官の宿泊のために造られ、後藤家長楽軒と言われた所です。庭には二股に分かれた見事な松と石灯篭が目を引きます。


 離れには茶室が設けられ、高貴な人に頭を下げ差すわけには行かぬと、躙り口の無い造りとなっています。


 主室の前庭は松竹梅の庭と呼ばれ、松竹梅が植えられてますが、それより目立つのは踏み石です。岩石マニアにはたまらん種類の多さです。


 二件目は判屋船越家。小生が加茂川の桜を撮る時、背景に入れるのですが、中に入れる機会が巡って来るとは夢にも思いませんでした。

米子の町家の庭園ツアー

 入って直ぐの玄関座敷。玄関座敷と言っても六畳間の広さ。中二階に神棚が祀ってあります。


 庭には土間を通らなければ入れない坪庭風ですが、京の坪庭より遥かに広い庭で手入れが行き届き、このままでも充分観光施設になりそうです。手前の踏み石の大きさにびっくりです!


 三軒目は本家坂口の分家の西坂口家。


 過っての鰻の寝床の商店街にこんな広い開放感のある庭があるなんて想像できませんでした。また、玉竜を敷き詰めた庭を拝見するのも初めてです。


 母屋から離れに行く渡り廊下も印象的です。見させて頂く価値はありますが、母屋に上がれないと見られないので、住家であるうちは観光施設には難しいかと思いました。


 最後は町家ではなく、寺町の心光寺。ここの庭は事前に申し込めば拝観させてくれるそうです。


 手入れが行き届いてませんが、京などで見かける鶴亀の二つの島を配した池泉式庭園で天竜寺の庭園を小さくした雰囲気です。


 池の周囲は一周でき、もう少し手入れすれば寺でもありますし、充分観光施設として活用できるのではないでしょうか。


追記:2月19日の日本海新聞西部版に「よなご町家の庭園ツアー」の事が載りました。


欠礼状2019/11/29

 この時期、凩と共にポストに舞い込むのが、新年の欠礼状である。差出人が本人なら、年賀状を出す枚数が減ったなと妙な安堵感があるが、時に見知らぬ名前があり、本文を読んではっとする事がある。親しかった友人の奥さんからだ。

       虎落笛 内儀より来し 欠礼状

 掲句は3年前、日本海俳壇に入選した小生の句であるが、今回その思いを新たにしました。大学時代に知り合い、卒業後も機会を見付けては会ってた、結婚式にも来てくれた親友の一人だ。最後に会ったのは11年前、名城巡りに出かけたおりです。来年の大河ドラマの舞台になる所なので、来年もう一度、会いに行って見るかと思ってた矢先だった。これで、結婚式に来てくれた大学の親友三人全て居なくなるとは・・・・・

 今朝の最低気温はこの冬一番の冷え込みで2.6℃。昨日の雨は大山では雪になり、標高900m以上は積雪となったようです。気分転換に、豪円山ののろし台に行き、北壁の雪景色を撮る事にしました。

大山北壁


大山山麓蕎麦の花2019/09/19

 今朝の新聞に鹿野町の蕎麦の花が見頃とあったので、大山山麓の蕎麦の花を写そうと出かけました。途中、本宮の泉に立ち寄って見ました。本宮の泉の水は近くのどんぐり村の駐車場に送水されているので、そこでよく汲んでいますが、泉自体に行って見るのは初めてでしたが、湧き出ている所は立入禁止で行ってみる事はできませんでした。。


 泉の近くに池があり清らかな水に癒されます。水の中に白い花の様な物が見えたので、近寄って見ました。


 梅花藻(バイカモ)です。名前は知ってましたが、実際に見るのは初めてです。写真では解り辛いですが、本当に水の中です。所々白く光っているのが、水面の反射光です。


 そこから、目的の蕎麦畑へ。まだ、咲き始めでで、畑全体が真っ白ではありませんでした。

大山山麓蕎麦の花

 大山を背景に花をアップしてみました。


 近くの田圃で逆さ大山の田圃アート。観光客を呼びたいのなら、毎年同じではなく、もう少し工夫して貰いたいものです。


中秋の名月2019/09/13

 今年の中秋の名月は13日の金曜日。しかも仏滅です。しかし、大山より昇る名月が見られるなんて滅多にありません。ネットの月の出・時刻方角マップで大山の頂上より出てくる位置を調べて出かけました。


 月の出時刻は 18:11 となってますが、これはあくまで水平線上の事。大山より顔を出すのを今か今かと待ちます。
 18:32 現れました。えっ、右にずれている。垂直に昇らないで、南にずれながら昇るのだ。


 直ぐ、車で東に移動しましたが、間に合いません。

中秋の名月

 でも、待ちに待った月の出をみると、ついこの一首を口ずさんでしまいます。

       月々に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月

旧国鉄倉吉線廃線跡トレッキング2019/05/20

 公民館の学習講座、旧国鉄倉吉線廃線跡トレッキングに参加しました。旧倉吉線は昭和60年に廃線となりましたが、一番最後に開通した関金~山守間は今もレールが撤去されることなく残っている場所があり、平成19年10月に廃線跡トレッキングコースとして再整備されました。

旧国鉄倉吉線廃線跡トレッキング

 除草はあまりされて無く歩き難いですが、それも魅力。


 泰久寺駅のホーム。ここを除いて旧倉吉線の駅舎やホームは全て撤去され残っていません。


 廃線後線路に生えた木の大きさが、30年余りの年月を物語っています。


 線路は竹林の中を通りますが、レールの間にも竹が生えてます。


 この先、トンネルがありますが、観光協会にガイドを頼むとトンネルの中も探検できます。トレッキングはトンネルを抜けたところで線路がなくなり引き返します。


 今日の記念のパンフレットと絵葉書と切符と参加証です。切符は硬券で今日の日付が打ってあります。


 昼食は倉吉の白壁土蔵群の近くの古民家のレストラン、町屋清水庵(セイスイアン)。


 ここの名物料理、餅のしゃぶしゃぶです。餅は12種類。色んな味の餅が薄くスライスしてあり、鍋に入れると直ぐに茹ってしまいます。


 倉吉名物のお土産と言えば打吹団子ですが、今回は評判を聞いて、薄皮の天然物の鯛焼きにしました。


 天然物の鯛焼きとは、一枚一枚手焼きで作る鯛焼きを言うそうです。ちなみに、数枚まとめて焼くのを養殖物と言うそうです。