岩団扇を見に伯州山2021/04/08

 伯州山の岩団扇(イワウチワ)が見頃と聞き岡山県鏡野町赤和瀬まで車を走らせました。9時半前に駐車場に着きましたが、ほぼ満車。人気の程が分かります。


 岩鏡(イワカガミ)のように葉に光沢があり、桃色の可憐な花が開いています。


 桃色だけではなく白い色のものもあります。


 これは岩梨(イワナシ)。名前は似てますがまるで違います。


 登り始めてほぼ1時間で伯州山の頂上に到着です。頂上からは霞んでいますが大山が望めました。


 北側を見ると倉吉の市街地が望めます。


 登山記録はYMAPの下記のページに公開投稿しましたのでご覧下さい。
https://yamap.com/activities/10564669

 登山を終えた後、寄り道をして岩井の滝に立ち寄って見ました。


 この滝は裏から見れるので有名です。水で出来たレースのカーテンの様です。


 真横から見るとこんな感じです。滝の厚みが厚いのが意外でした。


 滝を見に行く時は、滝に目が取らて気が付きませんでしたが、道の斜面に菊咲一輪草(キクザキイチゲ)がいっぱい咲いてました。


中国百名山 二上山と日本の滝百選の雨滝2021/03/10

 今年の登山始めに選んだのは中国百名山に選ばれている鳥取県岩美町の二上山(標高330m)
 登山記録は下記のYMAPのページに投稿しましたのでご覧下さい。
https://yamap.com/activities/10193745?fbclid=IwAR2t9aCgxf4c56_WR22MtFAp_cNL8BjX7gkBHl_yHBo4J2_u1cbHtMbf-Bc

中国百名山 二上山

 お昼は食べログの岩美町で唯一☆3.5を超えの「旬魚たつみ」。開店の10分後に着いたのにもう満席で1時間待ち。他の店を探すのも面倒なので待つ事にしました。


 本当は焼鯖御膳が食べた買ったのですが、今日は出来ないと言われ、一番安いエビフライ御膳(1,200円)にしました。でっかい海老が2つ。その下は肉厚の鯵フライ。御飯は茶碗一杯ですが、お替りの必要なく満腹です。


 午後は日本の滝百選の雨滝を訪ねてみる事にしました。駐車場から徒歩5分のはずでしたが、雪が積もっていて車はそこまで行けず、雪道を片道20分以上かけて歩く羽目になりました。写真は樹木の間から見えた雨滝手前の布引滝。


 やっと雨滝が見えました。積雪は40cm位。油断すると膝まで埋まりますので慎重に近づいて行きます。


 雪解け水で水量が多く迫力があります。


 この先上に上がる道があるようですが、雪でこれ以上は無理と判断し引き返しました。



湯梨浜町滝巡り2020/03/12

 新型コロナウィルスの流行で世界的に集会の自粛が広がっている。大相撲は無観客、センバツとフィギュアスケート世界選手権は休止。テレビのスポーツ観戦もできない。仕方なくでもないが、人の来ない観光地を狙って出かけました。
 向かったのは湯梨浜町の鉢伏山展望駐車場。目的はそこから見る大山。残念ながら春霞で霞んでました。


 眼下には東郷池。鳥取方面の景色も期待したのですが、そちらは樹木に遮られて望めませんでした。


 昼食は倉吉のラーメンいのよし。2度目の訪問ですが、前回は11年前。移転新装開店してからは初めてです。前は町中華の店でしたが、ラーメン専門店に特化したようだ。チェーン店の様な佇まいに心配になりました。


 頼んだのは醤油ラーメン大盛り730円。麺玉二つ分の量にビックリ!香りはこれぞ牛骨。レンゲでスープを一口。前食べた時より美味しくなってる。麺も良い。店のスタッフは皆若いので代替わりしたのではないかと思うが、ここは代替わりして良くなったのではないでしょうか。


 昼食後は再び湯梨浜町に引き返し、二つの滝巡り。目的は今滝ですが、初めにその手前にある不動滝。駐車場より数分でたどり着けます。


 ついでに立ち寄った滝なので全く期待してませんでしたが、出合ってびっくりです!落差32mの二段滝に感激です。


 滝壺の飛沫のかかる場所に苔むしたお地蔵さんが置かれ花が手向けてありました。


 駐車場に引き返す途中見付けたミツマタの花。ミツマタを見上げて撮ったのは初めてです。


 そして、今日の目的地今滝。落差44mですから、日本の滝百選の雨滝を上回ります。

今滝

 滝口のアップです。日本の滝百選に選ばれなかったことが不思議です。


 滝壺のアップ。夏だったら裸になって、打たれて見たいと思わせます。


 今滝の右隣に名も無い水量の少ない細い滝がありました。単独だったら名が付けられたでしょうに。


 滝壺の脇に大きな椿の木が在りました。一句詠みたいですが、季重なりだしなぁ。


 この後、松崎温泉に浸かろうかと思いましたが、室内の濃厚接触を避けるため断念して帰りました。

滝覗き2019/06/25

 今朝の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

       佐藤夫雨子選       足元を 噴き上ぐ風や 滝覗き 

滝覗き

 船上山に千丈滝と言う高低差百米を超える滝があり、滝口まで行くことが出来ます。その滝口に立つとその高度感は半端ではなく、足元は滑り易くとても、下を覗くなんてできませんでした。
 今回は約一月半ぶりに句会の仲間とダブル入選です。これで、日本海俳壇入選199句目。出来れば来週リーチ一発ツモで二百句達成したいものです。



新・花の百名山 船上山2018/09/19

 秋の山の歩き始めは、新・花の百名山と決めており、今年は9月に行った事の無い船上山としました。

新・花の百名山 船上山

 薊は大薊(タイアザミ)、立薊(タチアザミ)、田村草(タムラソウ)、野原薊(ノハラアザミ)、森薊(モリアザミ)等種類が多く区別が付きません。蟷螂(カマキリ)が判らない様に変身してる様ですが判りますか。


 秋の野花と言えば秋の七草。秋の七草と言えば最初は草冠に秋と書いて萩。


 尾花、葛、撫子と続いて女郎花(オミナエシ)。残るは、藤袴、桔梗。


 船上山のもう一つの魅力は滝巡り。千丈滝の雄滝、雌滝を巡って見ます。


 落差109mの雄滝。秋の長雨のお蔭で水量があり見事です。


 雄滝から雌滝に行く途中、杜鵑草(ホトトギス)に出合いました。湿った日陰が好みの様です。


 落差90mの雌滝。水量の多い時は写真の全幅から注ぎ落ちて来そうです。


 頂上へはこの後、正面登山道を直登。最初はガレ場、その後は、滑り易い斜面をロープ頼りに登って行けば、山頂と言われる所に出ます。更に暫く登れば船上神社に達します。鳥居は今年立て直されました。


 そこから、少し下れば千丈滝の雄滝の滝口に出れ、滝覗きが出来るそうですが、足がすくんで此処から写すのが精一杯です。