妻木晩田遺跡仙谷1号墓発掘調査現地説明会2021/12/04

 今月2日の日本海新聞に妻木晩田遺跡の仙谷1号墓の発掘で出雲市の西谷墳墓群などと同じ立石と敷石のある構造の貼石が見つかり、4日に現地説明会があると書かれていたので行ってみる事にしました。新型コロナ感染防止のためか、1回定員15人の少人数の予約制で、丁寧な説明を落ち着いた雰囲気の中で受ける事が出来ました。

妻木晩田遺跡仙谷1号墓発掘調査現地説明会

 駐車場から集合場所の仙谷の東屋までは10分程度歩かねばならない。途中の展望広場からは孝霊山が山の字そのままの姿を見せてくれます。


 東屋で一通りの説明を受けた後、更に歩いて仙谷1号墓へ。ここで、発掘の責任者から直接説明を受けました。その人は見覚えがあり、以前、むきばんだやよい塾に講師として来られた方だったと思います。


 墳丘墓南側のトレンチで現れた四隅突出型墳丘墓の積み石。


 西側トレンチで見つかった売墳丘墓の積石。上部の石が崩れ下側に散乱している様です。


 北側トレンチで見つかった積石。他より石積みより高さがあり、淀江港からの見栄えを良くすためではないかとの説明があったが、私は地山の傾斜状そうする必要があったのではと思いました。


 突出部の石積み。一番下に立石。そして敷石を一列並べて斜面には貼り石という構造です。


 東側斜面のトレンチ。地山と盛土を確認するために掘られたそうです。


 説明が終わり引き返す時、人影が少なくなったのを見計らってから写した仙谷1号墓のほぼ全景です。仙谷1号墓は妻木晩田遺跡では最大の四隅突出型墳丘墓だそうです。


追記:現地説明会の模様がユーチュウブに投稿されてましたので、興味のある方は下記のページでご覧ください。チラチラと私の姿も写ってました。
https://www.youtube.com/watch?v=au0BIhZNPVk



コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2021/12/04/9445433/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。