大山初冠雪 20192019/11/15

 大山が初冠雪したというニュースを聞き出かけてみました。


 この時期、北側は逆光となるので向かったのは伯耆町の旧日光村。



 今は廃校ととなった、旧日光小学校。背景をよく考えたデザインだと思います。


 その建物を左下に置いて初冠雪の大山南壁を撮ってみました。


 添谷展望駐車場の傍に見事な紅葉がありました。


 季重なりとなりますが、こんな句が詠みたくなります。

大山初冠雪

       紅葉且つ散る大山初冠雪

大山の紅葉 Ⅳ2019/11/05

 大山の紅葉の仕上げはやっぱり金門。大山寺も平日とはいえ、今日は華やいでます。

大山の紅葉 Ⅳ

 大山寺は勿論、大神山神社奥宮にも参らず、石畳の道を右に曲がって金門へ。


 奥の階段を登れば金門です。


 この時期、北壁は逆光で撮れません。また、レンズに太陽光が入らない様苦労します。


 河原に降りてみると、何時もとは異なる賽の河原の石積み。どうも、石積みアート(ロックバランシング)の講習会か何かがあったようだ。


 金門から見上げた三鈷峰。手前の山は中宝珠と思われる。


 今年は橙色だけでなく黄葉も目立ってます。


 今迄、気が付かなかったけど、元谷の奥の方は葉が白ぽく見えます。一体、何の木、何だろう


追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

       佐藤夫雨子選       秋深し 遺跡の丘に 茶席あり

今週も句会の仲間が入選し、2週連続ダブル入選です。

大山の紅葉Ⅲ2019/11/02

 三連休の初日、大山の紅葉の名所は混雑が予想されるけど、天気予報の晴天は今日だけ。休日で工事が休みかもしてないと思い、車が止められそうな一ノ沢に行ってみました。


 ここの治山道路沿いの紅葉が好きです。


 同じ紅葉でも大山の北側とは全く異なる色合いです。


 途中から沢に向かう道路へ曲り沢を渡り切って見上げるとこの景色。


 ちょうど旅客機が飛行機雲を引きながら飛んで来ました。剣ヶ峰の上空に来たところでパチリ。


 11時過ぎになると、北西向きの斜面に陽が当たり始めました。刻々と山の表情が変わっていきます。


 もっと永く居たいけど、工事現場の駐車場に車を置かして頂いているので、程々に退散です。


 鍵掛峠へはとても、行けたものでは無いと思い、環状道路を三ノ沢まで行ってターンです。


 みるくの里も今日は満車。少し下った所から大山を撮ってみました。なんとなく赤みを帯びていると思いませんか?


大山の紅葉Ⅱ2019/10/31

 昨日は季節外れの黄砂に見舞われましたが、今日は秋晴の快晴なので、二度目の紅葉狩りで川床に出かけました。


 此処は色んな木が混ざり合っているのか、紅葉の色の違いが点々と異なるのが魅力です。まるで油絵の世界と言いたいけど、ここで写生している人は何故か居ません。


 この時期、谷の奥の三鈷峰はこの方向からは絶えず日陰。それが独特の雰囲気を感じさせるのかもしれません。


 道路脇に芒が生えてましたので、それを近景にして写してみましたが、如何でしょうか?


 帰りに、大山寺橋に立ち寄ってみましたが、やはり、大山の紅葉はここか、鍵掛峠ですね。

大山の紅葉Ⅱ

 宝珠尾根も綺麗に色付いています。


 ここと鍵掛峠との最大の違いはせせらぎのあるなしですね。


大山の紅葉 Ⅰ2019/10/28

 久々の投稿です。この間、天気が悪く行楽に出かけられなかった事もあるが、テレビに首付けの日々が続きました。ようやく、大山へ紅葉狩り。25日を過ぎて初めて向かうのは記憶に無い。

大山の紅葉 Ⅰ

 ニノ沢上部は既に紅葉真っ盛りとなってます。


 鍵掛峠は右の山が未だ色づいてはいませんが、今週末は連休なので、とても、来られたものではない。


 何時もとは異なるアングルで撮って見ました。


 鍵掛峠より少し御机側に下った所の光景です。烏ヶ山は今、紅葉真っ最中。


 振り向けば、後ろの山はこの紅葉。


 鏡ヶ成も紅葉真っ只中です。


 象山も色付いて、酔っ払って、昼寝してます。


 標高ほぼ千米の新小屋峠はもう、色褪せてました。


 上部の方は既に葉が散ってます。恐らく台風19号の風で飛ばされたのではないでしょうか。