欅句会 2021.032021/03/02

 今日の欅句会は久し振りの方が多く賑やかな句会となりました。今月の兼題は春の雪と暖か。春の雪は12日前、皆さん春の雪を体験され、実景の秀作が出そろい、小生の句は吹っ飛んでしまいました。私が頂いたのはURIさんの吾子の句。子供の喜ぶ姿が自身の喜びとなる様が表れてました。
 暖かは希しく今日の句会の実景を予想してたの様な句となってしまいました。

       ひさびさに 出会う笑顔や 暖かし

 それ故か、先生を含むお二方に採って頂きました。私が頂いたのはSNIさんのぽん太。松江に住んでた頃、夕食時、庭に現れる狸を思い出し採らずには居られませんでした。そして、もう一句、TAAさんの句。何気ない表現ですがリズム感が素晴らしい。

 当期雑詠で採って頂いたのは一句。

       下萌や 出番信じて バット振る

 私の散歩コースに高校の野球部のグラウンドがある。そこで目にしてる光景を詠んでみました。奇しくも先生を含む山陰米子句会に出席されてる5人の方々に採って頂きました。私が頂いた当期雑詠の句は4句。

 YSTさんの犬ふぐり。これも何気ない景色ですがリズム感が良い。YSTさんのここ一二年のの成長は目を瞠ります。
 TAAさんの雛。雛に合わせた男の子の表現が素晴らしい!
 KKTさん浅春。大学生の子を持つ現役の大学生の試験の句。その臨場感は実景でないと表せません。
 MUJさんの猫柳。見付ければ触れてみたくなる猫柳。そんな気持ちがひしひしと伝わります。


追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が三席で入選しました。

       野田哲夫選       兎に角休みぞ建国記念の日

選評には『かっての紀元節が戦後3年目に改名されて今の祝日となった。戦中戦後を知る者にとっては、「国威発揚」の行事に満たされたこの祝日の記憶には、正直にのところ、暗かった時代の記憶は払えない。それゆえか、散文のようなこの17音にも、そんな響きが聞こだろうか。俳句の可能性を試みた一句として取り上げた』とありました。
 今年はコロナ禍で無かったが、毎年この日は祝う会と反対する会が開催される。そんな祝日は建国記念の日以外はない。しかし、大多数の国民はそんな事はどうでもいい。休みなのが嬉しいとしか思ってないのは無かろうか。
 野田先生にはこれで先月に続き2回連続特選に採って頂きました。同じ先生に続けて特選に選ばれるのは初めてです。野田先生が選者になられたのは6年前からですが、特選に選ばれるのはこれで10回目。他の先生に比べ圧倒的に多い。他の先生とは句会で互選させて頂いた事がありますが、野田先生とは一度もない。相性が良いというのか、馬が合うというのでしょうか。




粟嶋神社2021/02/28

 恐らく四半世紀ぶりに粟嶋神社を訪ねてみた。粟島は過っては中海に浮かぶ島だったそうだ。一寸法師のモデルと言われる小彦名命が舟で最初に辿り着いた陸地とも、地上より天上に飛び立った島とも言われている。それ故、この周辺の地名は彦名と呼ばれている。

粟島神社

 そして、今は丘となった島は現代まで続く少彦名命を祀る神の山である。一の鳥居は過ってはもう少し手前にあったが、内浜産業道路の建設に伴い現在の位置に移されたそうです。


 大灯籠と二の鳥居。灯籠は大きさからして湊の常夜灯の名残りなのかも知れません。


 ニノ鳥居を潜ると187段の石段。四半世紀前はこれを走って一気に登りましたが、今は歩くしかない。それでも休まずに登ったら最後は足に来そうでした。


 石段を登り切ると立派な隋神門。在った覚えがなく比較的新しい建物ではないかと思われる。


 拝殿は隋神門の正面ではなく少し折れた向きに配置されてます。


 本殿は出雲大社造りで拝殿から比べるとびっくりするほど大きさで、弓浜半島随一だそうです。


 拝殿の後ろに出雲大社遥拝所があります。記憶では前は無かったと思いますが。


 遥拝所の左側に降りる道があったので降りてみましたが、維持がされておらず荒れおり、お年寄りや良い靴の方そして、スカート姿の方は止めた方が良いと思います。降りた所にあるのが静の岩屋。人魚の肉を食べて不老不死となった身を儚み自ら命を絶ったと言われる洞窟です。


 そこから、ニノ鳥居に戻る途中に、少彦名命が上陸した場所と言われる大岩宮があります。


 今日は日曜日とあってか、お参りする人が多かった様な気がします。

米子城跡より見える中国百名山2021/02/25

 中国百名山とは山と渓谷社より選定された中国地方の名山百選である。その内の14座が米子城址より望めるのである。標高90m程の低い山から14座も望めるのは稀な事ではないでしょうか。
 今日は視界が比較的良好でしたので、その14座を紹介したいと思います。先ず東から時計回りに、孝霊山(751m)。そして、右隅に顔を出しているのが船上山(616m)。


 左隅に甲ヶ山(1,338m)。その直ぐ右に矢筈ヶ山(1,359m)。そして、主峰の大山(1,729m)。

米子城址より見える中国百名山

 左側の大きな山塊は三平山(1,010m)。鉄塔の右側のピークは金ケ谷山(1,164m)


 左側の大きな山塊は毛無山(1,218m)右隅の三角形の山は宝仏山(1,002m)


 中央左の三角形の山は花見山(1,188m)。その右の山塊は鎌倉山(731m)。


 道後山や船通山は新山要害山等に遮られて見る事は出来ませんが、その左に顔を出しているのが玉峰山(820m)ではないかと思われます。


 天守台からは見辛いですが、水手御門址からは熊野大社の御神体の天狗山(610m)が望めます。


 最後は中海を隔てて嵩山(331m)。


 以上14座の内、甲ヶ山だけ登れてないのが悔しい。10年前だったら何とか登れたかもしれませんが。

春の旅2021/02/23

 今朝の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

       椋木誠一朗選       黒潮の 洗ふ岬や 春の旅

 勤めている頃はこの時期、年度末で一年で一番忙しい時期でしたが、学生時代は期末試験が終われば春休み。帰省のついでに四国や九州を旅してました。その点、去年今年の学生さんは気の毒なことです。潮岬や足摺岬、そして薩摩半島先端の長崎鼻などの景色を思い出しながら浮かんだ句です。


御机みつめの棚田2021/02/21

 春夏秋冬年4回訪れる御机の棚田は Google マップで見ると御机みつめの棚田というらしい。一昨々日積雪があったので、雪景色を見ようと出かけてみました。


 残念ながら、昨日、一昨日の陽気で雪が大部分解けてしまってました。しかし、そのおかげで農道を歩けて、初めて雪景色の棚田を上方から見る事が出来ました。


 雪が解け始めたせいか、雪面に面白い模様が出来てます。田圃独特のものなのでしょうか、それとも一種の風紋?


 茅葺小屋へ行って見ましたが、屋根の雪がすっかり落ちていて早春の佇まいとなっていました。


 御机の背後の山は地図上では城山となっていますが、地元の人はお尻山と呼んでるそうです。この時期は成程と思わせる姿だと思いませんか?