中国百名山 荒戸山、天神山の二座登頂2020/11/25

 11月も下旬となり、そろそろ今年の山の登り納をしようと中国百名山の備中の荒戸山と天神山の二座に登る事にしました。
6時半過ぎに出かけて、途中大山が見え、麓の方に霧がかかっていたので、明地峠を通って行く事に変更。大正解でした。


 最初は新見市哲多町の荒戸山。以前、道後山に登った時、頂上から見え、登ってみたくなる山の形でした。別名、阿哲富士と呼ばれるそうですが、何とか富士の名の付く山に登りたくなるのは、日本人の特性でしょうか。


 車で山麓の荒戸神社まで行き、そこから登山開始です。


 荒戸山を御神体とした荒戸神社。


 中々、趣のある本殿と摂社です。


 境内には大きな銀杏の木が在りましたが、氏子の人が倒木すると社に被害が及ぶ恐れがあるので、切り倒す相談をしていると言われました。残念ですが背に腹は代えられないですかねぇ。


 荒戸山への登山記録はYAMAPに投稿しましたので、下記のページをご覧ください。

https://yamap.com/activities/8829850

 続いて、高梁市成羽町の天神山。これを反対側の高梁市備中町から登ります。この方が標高差にして300m近く稼げます。
左のピークが三角点。中央が神社があるピークと思われます。


 山の名で分かるように山頂には天満神社が祭られています。


 神社のすぐ近くまで車道がありますが、車で登って来る人は滅多にいない様です。


 天神山の魅力は鈴振崖の展望所から見る明星崖と眼下の景色。視界が良ければ左端に大山や蒜山が見えるそうです。吹屋ふるさと村は右端中央の切れた辺りです。ここに登るのも一寸した岩登りが楽しめますよ。


 明星崖から見た鈴振崖。真ん中のピークが展望所のある所。明星崖からはこの景色以外展望はありませんでした。


 天神山への登山記録はYAMAPに投稿しましたので、下記のページをご覧ください。

yamap.com/activities/8829853





大山登山 20202020/11/17

 大山は11月4日に初冠雪をし、その後も頂上付近は薄っすらと白くなっていたので、今年の大山登頂は諦めていたのですが、今週に入って穏やかな小春日和が続いてたので、これを逃す手は無いと思い出かけました。


 この所、行者谷コースから登っていたのですが、久し振りに夏山登山道から登ってみました。整備が進んだせいか、5合目までは前より登り易くなっていました。写真は新築された6合目避難小屋。一晩明かしても良さそうな感じとなっていました。


 7合目付近で振り返ると、手前に僅かに大山の影が。もう1時間早く登ってたら、影大山が見られたと思います。


 8合目半から続く頂上台地の木道を登り切れば頂上です。


 新築された頂上碑。前より標高が1m低く書き直されています。50年前は1,713mだったのにな。


 低くなったぶん、剣ヶ峰から槍尾根にかけての眺めが悪くなりました。そして、手前の三角点峰がやけに高く感じます。


 逆に展望デッキが西に張り出したお蔭で、米子平野は前より良く見える様になりました。頂上避難小屋は改築工事が終わり、
木の香りが充満しています。

大山登山2020

 毎年次回登れるか否かが分からなくなってきてますので、名残惜しみながら、下山開始です。


 午前中は日が当たらなくて撮れなかった北壁の眺めを楽しみながら下って行きます。


 7合目付近より見下すと下山神社がこちらを向いており、下山の無事を見守ってくれてるような気がしました。


追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

       遠藤裕子選       城址より 隠岐を望める 秋日和

 米子の城山に登る楽しみの一つが隠岐が見えるか、見えないかである。秋はやはり、見える日日が多い様な気がします。これで、今年過去最高の年36句入選。残り後5回あるので、40句入選を目指し頑張らなくっちゃ!

鷲峰山 登山2020/11/12

 大山山頂の避難小屋の改修が終わり使用できるようになったので、行って見ようと思ったのですが、朝見ると山頂付近は薄っすらと雪景色。冬山の装備は持って居ないので、中国百名山の鷲峰山(標高 921m)に変更。鷲峰山は鳥取単身赴任の頃、行き帰りに何時も浜村付近で横目で見ながら、何時かは登りたいと思ってた山です。写真は道の駅西いなば気楽里から眺めたものです。

鷲峰山 登山

 鷲峰山の登山道は5ルートありますが、一番標高差の少ない、つまり楽な小別所コースを選びました。林道の舗装道路の終点が登山口です。


 鷲峰山 登山は木段が有名の様ですが、こちらは南側から登るコースに比べると少ないそうです。


 六合目を過ぎた辺りに岩棚があり、そこから浜村や鹿野の街並みが見下せます。


 七合目半辺りに展望デッキがあり、そこから大山が望めます。


 往きは見えなかったのですが、下山時には大山を見る事が出来ました。


 約1時艱40分で頂上に到着です。展望は東側だけが開けており、


 湖山池や鳥取の市街地。


 扇ノ山や氷ノ山などの東側の県境の山々が望めますが、頂上より大山が見え無いのが残念です。


 今日の登山軌跡と標高図です。


高清水トレイル2020/10/26

 約一年半前、一緒に大倉山に登った同級生より電話があり、ハイキング程度の山なら登れる様に体調が戻ったから、何処か連れってくれとあったので、昨年全通した高清水トレイルに行ってみました。一人なら全山縦走するのですが、連れの体調を考えて中間点までの折り返しとしました。

高清水トレイル

 高清水高原までなら30分程度で登れます。向うの山まで行く予定です。


 登山道はウッドチップを敷き詰めた歩きやすい径です。


 三等三角点の大畝山(標高976m)から望む大山です。日本百名山と二百名山を一座づつ含む中国百名山6座が一枚に収まっています。


 南側には眼下に人形峠の原子力施設。その向こうは左から花知ヶ山(1,248m)、中央に三ヶ上(1,035m)、右奥は去秋登った泉山(1,209m)が望めます。


 アップダウンの繰り返しの縦走路でそれぞれのピークにはこの様な木杭に山の名と標高が書かれています。


 分水嶺の縦走路ですが、日本海側は針葉樹、瀬戸内海側は広葉樹が茂り、展望は出来る所は限られています。


 途中、両側ともブナの広葉樹で覆われる箇所もあります。


 途中から丸山支線に入った所で引き返しましたが、見事な楓の紅葉に出合えました。


 今回は高清水トレイルの約半分を歩きましたが、残りの半分は春に訪れて、イワウチワに出合いたいものです。


冨栄山登山2020/10/13

 鳥取県を蝶の形に見立てると、その尾にある山は標高 1,118m の津黒山ですが、登ってみると、その南に更に高い山があるのに気付かされました。山渓の岡山県の山で2番目に掲載されてる富栄山(フエイザン)標高 1,205m で蒜山より高い。アプローチの関係で日帰りは無理だと思ってたら、地図を調べているうちに、登山口まで1時間40分で行けるルートを見付け、出かけてみました。7時10分に家を出て、9時前には登山開始です。
 登山口まで舗装道路を乗用車で走れ、広い駐車場もあり、熊注意の看板も無い。山登りにはありがたい。 


 歩き始めて20分位で沢を渡りますが、2本の丸木橋です。ちょっとしたスリルが味わえます。


 泥のぬかるみは踏石ならぬ踏み木?滑りそうでこちらの方が緊張しました。


 稜線に出て、大空山に立ち寄ってから引き返し、暫く歩くと木間越しに冨栄山の頂上が見えて来ました。真ん中付近に頂上の展望台の一部が見えてますが、判りますか?


 予定通り、11時半頃、冨栄山山頂に到着。木製の展望台が設けてあり、冨栄山の看板の手前に四等三角点の石杭が見えます。


 頂上から北へ、さらに登山道が伸びてます。乗幸山まで30分と書かれてましたが、その往復の体力はありません。


 東側にはほぼ一年前、登った泉山が見えます。今日は水蒸気が多く遠くまで見えません。


 ほぼ、真北に川乗山。その向こうに顔を出せている頂上の広い山が津黒山と思えます。


 南には大空山への稜線が見えますが、どのピークが大空山か分かりません。


 今日の軌跡と標高図です。下山したのは14時前。全行程約5時間は去年の泉山とほぼ同じです。


 登山口近くに日帰り温泉施設、のとろ天空の湯というのがあり入浴する事にしました。露天風呂に浸かりながら、今日歩いた山の頂を見るのは最高です。

冨栄山

 なお、浴室にはカメラ持ち込み禁止とありましたので、入浴後、施設の外から撮った冨栄山の頂です。