日本三百名山 吾妻山2019/09/26

 秋晴の快晴です!絶対に遠くの山からでも大山が見えると思い、過去5回登って大山が見えなかった吾妻山に向かいました。奥出雲町側から登るのは5年ぶりです。

日本三百名山 吾妻山

 登り始めて1時間20分で吾妻山山頂に到着。


 やはり、今日は見えました。中国百名山から写した大山へのの自己距離記録更新です。大山まで 57.6km!


 今回はこの後、烏帽子山へは向かわず、日陰を求めて池の原に降りて昼食です。


 池の原の湖面には何故か睡蓮の花が咲いてました。えぇ、季節外れでは?


 この時期、見かける釣船草(ツリフネソウ)。何時もは花や葉っぱが汚れていて、写さないのですが、久し振りに綺麗なのに出会いました。


 帰路、大膳原で見付けた吾亦紅(ワレモコウ)。ここのは粒の様に丸いですね。


 山辣韭(ヤマラッキョウ)。この花に初めて出合ったのは10年前のこの大膳原でした。


 蝶にも出会いました。後日、蝶に詳しい友人に見て貰ったら、緋縅(ヒオドシ)蝶だそうです。


 これを同じ友人はヒメアカタテハと教えてくれましたが、私はシジミチョウの一種ではないかと思います。お判りの方が居られましたら、ご教授いただければ幸いです。


 今日の軌跡です。いつの間にやらYAMAPの表示が変わってました。


溝蕎麦2018/09/23

 久し振りに地蔵滝の泉に水を汲みに行ったら、溝蕎麦(ミゾソバ)の盛りでした。

溝蕎麦

 その溝蕎麦の蜜を求めてツマグロヒョウモンがやって来ました。


 こちらはウラギンスジヒョウモンかな?


 泉の日陰の所には釣船草(ツリフネソウ)。


 日向の足元には紅花弦の証拠(ベニバナゲンノショウコ)


 ついでに近く別荘地に在る大成池に立ち寄って見たら、いい香りがして来ました。金木犀(キンモクセイ)です。


 金木犀の匂いに誘われてか、それともアケビを食べに来たのか、小鳥の姿が見えたので、シャターを押してみました。


 後で拡大して見たら、目の周りが白いので目白(メジロ)でした。

松虫草2016/09/25

 秋雨前線の影響でこの土日以外は晴天は見込めません。思い切って鏡ヶ成に初秋の花松虫草を見に出かけました。

松虫草

 蜂達も今日しかないと吸蜜に一所懸命です。


 もちろん、蝶達も松虫草に吸い付いたままです。これはオオウラギンヒョウモンでしょうか?


 初秋を彩るのは松虫草だけではありません。休暇村のロッジの脇のナナカマドは既に真っ赤な実をいっぱい付けてます。


 もちろん、田はふかふかの黄金の絨毯に覆われていました。


元谷ハイキング2016/05/01

 今年も家内と恒例の元谷ハイキングに出かけました。何時もと違うのは若葉が茂っている事です。


 若葉の中にダイセンミツバツツジが色を添えてます。これも何時もより1週間は早い。


 それだけに大山桜はほとんどが散っていましたが、辛うじて残花に出う事が出来ました。


 橅の林も既に若葉に覆われています。


 今年は平年とは異なる色合いの元谷です。

元谷ハイキング

 大屏風の近くまで若葉色が進んでいます。今年は雪渓の傍で花見をしながらの弁当とは行きませんでした。


 帰路、気温が上がってきたため、イワカガミの花が開き始めました。


 最後に出遭えたのは絶滅危惧種の岐阜蝶。今年も出遭えるとは思わなかったなぁ (^o^)v


銀芒2015/10/09

 そろそろ、鏡ヶ成の芒が見頃かなと思い出かけました。その前に棚田の金の稲田に寄り道。


 予想通り芒は今が見頃、この日は風が強く芒の穂が荒波の様にうねっていました。

銀芒

 烏ヶ山も少し色付き始めてました。一気に紅葉が進みそうです。


 強い風の中でもツマグロヒョウモンは吸蜜に夢中で、近付いても逃げません。


 帰りは大山環状道路。ニノ沢から見る南壁も何となく夏の光景とは異なります。


 みるくの里に下ってみますと、牧場の一角がコスモスに覆われていました。