むきばんだやよい塾日帰り大阪バスツアー2019/09/10

 7月初めに百舌鳥・古市古墳群がユネスコの世界遺産に登録されたので、むきばんだやよい塾の9月の議題は大阪府文化財センターの森本徹さんの「百舌鳥・古市古墳群はなぜ重要か」でしたが、聴くだけじゃつまんないとバスを仕立てて行ってみる事にしました。


 朝8時に米子駅前を出発して、正午過ぎに着いたのが大阪府弥生文化博物館。


 落ち着いた雰囲気の博物館で、展示物も結構、工夫が凝らしてありました。


 続いて堺市の博物館。仁徳天皇陵古墳の前にあり、世界遺産登録を受けてか、平日にもかかわらず結構客入りが多かった。


 堺と言えば戦国時代の鉄砲で名をはせた町。鉄砲の展示物には目を惹かれます。


 勿論、弥生時代の埋蔵文化財も。ご存じ三角縁神獣鏡。現物を見るのは初めてです。


 見ても解らないのは解ってはいるが、一応行ってみました大山古墳、いわゆる仁徳天皇陵古墳。


 三重堀の一番外側の狭い堀でも一寸した城の堀位あります。

 
 山陰には無い堀のある前方後円墳を見に行こうと言ったのが土師ニサンザイ古墳。地図上では大山古墳の近くにあるため小さく見えますが、墳長290mの巨大な古墳です。前方部斜めより撮っていますが、前方後円の容が分かりますか?


追記:家に帰って新聞を見たら日本海俳壇に下記の句が入選していました。

       遠藤裕子選       秋の蝶 リボンとなり て君が髪

 昨年の9月に句会に出した句です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2019/09/10/9152272/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。