クルーズ客船 アザマラ・クエスト入港2019/09/09

 今年5月に遠望したクルーズ客船アザマラ・クエスト、今回は出航を見送る事にしました。

クルーズ客船 アザマラ・クエスト入港

 マルタ船籍のアザマラ・クエストで全長181m、総トン数30,277トン、乗客定員731名に対し乗組員数408名と多く、サービスの良いクルーズ客船と思われます。


 今回は中野港岸壁でしたので後ろに回って撮って見ました。


 船尾に掛かるこの旗がマルタの国旗でしょうか?


 出航間際に岸壁で披露されたのは玉造音頭でしょうか?カメラを地面擦れ擦れに置いてバリアングル液晶モニター画面を見ながらの撮影。


 いよいよ出航です。甲板に出ている乗客はほとんど欧米系。外国船を見送る気分にさせてくれます。


 ちょうど上空に着陸態勢に入った全日空機。出航と着陸とのコラボです。


 船が離れたら岸壁の傍まで入れました。


 夕暮れの迫る中、港を離れて行きました。次の寄港地は釜山港だそうです。



令和元年三日目2019/05/03

 帰省中の愚息の要望で三日目は美保関へ。途中境港に立ち寄って、停泊中のクルーズ船を遠望。


 マルタ船籍のアザマラ・クエストで全長181m、総トン数30,277トン、乗客定員731名に対し乗組員数408名と多く、サービスの良いクルーズ客船と思われます。


 先ず向かったのは美保関灯台。白亜の壁と赤い屋根の家が一寸した異国情緒です。


 灯台より岬側に鳥居があり、沖之御前と地之御前を祀り、御神体は4km沖合の小島です。


 光学ズームとデジタルズームを最大にしてその島を撮って見ました。


 令和元年三日目の初詣は美保神社。全国の恵比寿さんの総元締めです。


 神門の横の「天皇陛下御即位」の垂れ幕にいつもと違う祝賀の華やかさがあります。


 拝殿では幸運にも巫女さんの舞に出合う事が出来ました。


 ここの絵馬掛けが他の絵馬掛けと異なるのにお気づきですか。鯛の絵馬をひっかけているのは釣り竿です。風に揺らると恵比寿さんが鯛を釣り上げた様でご利益がありそうな気になります。


 お昼は境港に戻りましたが、有名店は何処も長蛇の列。比較的少なかった「さかゑ屋」に45分並んで1,250円の昼定食です。


 昼食後、昨日は山を見たので、今日は海と言う事で美保の北浦の法田海岸へ。


 磯の岩場に腰を下ろし、のんびりと昼休憩です。


 帰りは境港で鬼太郎ロードの次に有名な「べた踏み坂」へ。なんと大根島から渡まで3.6kmの渋滞です。

べた踏み坂

 でも、ノロノロ運転のお蔭で橋の上からの眺めをゆっくりと楽しむ事が出来ました。

クイーンエリザベス号入港2019/04/24

 豪華客船の代名詞クイーンエリザベス号が境港に8時に初入港するとあって、7時に昭和北緑地に行き待ち構えました。


 ここから大山をバックに撮ろうと思ってましたが、大山は雲に覆われてたので代わりに灯台を入れてみました。


 昭和北緑地は同じような考えの人でいっぱいです。海上保安庁の職員も見物に来てました。


 クルーズ客船は後ろ姿にガッカリする形が多いですが、これは違いますね。大航海時代の帆船を彷彿させます。


 接岸したクイーンエリザベス号。総トン数90,901トン、全長300m近い船体は岸壁からでは28mm相当のレンズでは入りきれません。


 船首のアップ。船旅全盛期の頃の客船の雰囲気が残っているデザインです。


 船籍は英国領のバミューダ諸島。船尾には一部ユニオンジャックの入った旗が翻ってました。


 この日は2時間前にイタリア船籍のコスタ・ロマンチカ 総トン数56,769トンが韓国のお客さんを乗せて入港。


 境港に2隻の大型客船が並ぶという賑わいです。


 更にその2時間後には乗客のほとんどが欧米人のバハマ船籍のカレドニアン・スカイ 総トン数4,200トンが入港。


 今日は一度に3隻のクルーズ客船を楽しませて頂きました。

クルーズ客船 コスタ・セレーナ2018/06/04

境m港に初めて入港するクルーズ客船が11時に中野岸壁に着くとというので、10時半に竹内岩壁に行ってみましたが、既に着岸直前でした。

クルーズ客船 コスタ・セレーナ

 イタリア船籍の全長289.6 m、総トン数 114,147 トン、乗客定員 3,780 名、乗員 1,100 名のクルーズ客船です。


 真横から撮るには中野漁港からとなりますが、手前の植木が大きくなったら、それも出来なくなりそうです。


 港での楽しみはカモメに出合える事。ファインダー付きのカメラに替えたので飛んでる姿も捉え易くなりました。


クルーズ船 コスタネオロマンチカ2017/06/05

 境港にイタリア船籍のクルーズ船 コスタ・ネオロマンチカが入港したので見に行った。先ず対岸の竹ノ内岸壁から遠望。

クルーズ船 コスタネオロマンチカ

 全長 220.5m 総トン数 56,769t 乗客定員1,800名 乗組員数 622名で、飛鳥Ⅱのほぼ1.1倍。


 岸壁に入れるのは午後3時からなので、今回は柵の外から眺めておしまいですが、近くから見ると中々洒落てます。


 序でに、巡視船きそ が停泊してたので撮らして頂きました。


 これは竹ノ内岸壁の突堤から中野漁港を撮ったもの。五月晴れの海と雲が初夏らしかったので、頂きました。