芋焼酎 櫂2019/02/14

 このところ、息子が贈ってくれた芋焼酎を毎晩楽しんでます。銘柄は「櫂」。櫂と言うと直ぐ思うのは朝日俳壇の選者である長谷川櫂、NHK俳句の選者にもなった櫂未知子の二人の俳人である。しかし、この櫂は焼酎造りに欠かせない櫂入れの道具であり、前身すると言う意味も持って名付けられたそうだ。

芋焼酎 櫂

 製造は南さつま市の萬世酒造。たぶん、ここの焼酎を口にするのは初めてだと思う。しかも、この銘柄は普段販売していない限定販売の品とある。


 お湯割りかロックがお奨めとあったので、暖冬なのでロックで頂いてますが、癖がなくスッキリとした飲み心地で美味い。久し振りに良い芋焼酎に出合えました。

特別純米酒 大山桜(ダイセンザクラ)2018/05/29

 今年は大山開山千三百年。それを記念して久米桜酒造が地元の原料にこだわって醸造した特別純米酒を販売した。

特別純米酒 大山桜

 その名は大山桜(ダイセンザクラ) 日本酒度 9.0の淡麗辛口のスッキリした呑み心地でした。


追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

       佐藤夫雨子選       三江線 ホームに残る チューリップ


 ちょうど2ヶ月前、廃線となる三江線を撮りに出かけたのだが、潮駅のホームに花壇があり、チューリップが咲き始めていた。二日後、三江線は廃線となるがホームのチューリップはそのまま残っているだろうなと思い、詠みました。

白狐の宴2018/02/28

 今日で2月が終わる。例年になく寒かった2月の夜を癒してくれたのが、愚息からのプレゼントである芋焼酎「白狐の宴」である。

白狐の宴

 寒かったので、ほとんど水割りの燗で頂きました。ラベルに九州限定品とあり、独特の芋の香りとコクが芋焼酎好きにはたまらない。しかし、芋焼酎の嫌いな人にとっては、匂いを嗅いだだけで逃げ出すかもしれない。そのくらい好き嫌いのハッキリ分かれる酒だと思う。
 私は酒の好き嫌いは最初に飲んだ酒が良い酒だったか悪い酒だったかで、その酒の好き嫌いが決まるのではないかと思っています。私が芋焼酎を最初に頂いたのは、会社の旅行で鹿児島に行った時、酒造会社の見学があり、そこで割と高価な物を試飲させて頂きました。それで芋焼酎が好きになったのですが、芋焼酎の嫌いな人は最初に安価なものを飲まされたからではないかと思います。
 愚息と池袋の焼酎酒場に行った時、芋焼酎は飲めないと言ったので、泡盛の久米仙の古酒を勧めたら、それ以来、泡盛ファンになってしまった様です。

追記:今朝の朝日新聞の鳥取版の俳壇に下記の句が入選したと連絡がありました。

       石山ヨシエ選       荒れ庭に 妣(ハハ)の残せし 実万両       釋 朗然

 5年前の句会では、父母のとしてたのですが、その後、 亡くなった母の事を妣と言う事を知り、替えて投句してみました。

 

徹宵2017/03/25

 今、息子が贈ってくれた徹宵(てっしょう)と言う芋焼酎を吞んでいる。

徹宵

 名の由来は徹夜で酌み交わしたくなる焼酎だからだそうだ。製造元は球磨焼酎の恒松酒造で無濾過で瓶詰めにした限定酒だそうだ。


 限定酒と言うと試し売りして評判が良ければ本格的に売り出そうとするので、個性の強い酒と言う気がするのだが、以外にも飲みやすく拍子抜けしました。それ故、気が付いたら徹夜で飲みかわし一本空けてしまったという事になりかねない酒だという事でしょうね。

渓流朝しぼり2016/12/26

 昨日はクリスマス。例年この時期クリスマス寒波に見舞われ、ホワイトクリスマスになる事が多いのですが、今年は貴重な晴天に恵まれ主夫として掃除洗濯で一日が終わってしまった。クリスマスと言っても我が家は普段の夕食ですが、友人よりクリスマスに飲んで下さいと日本酒が贈って来た。

渓流朝しぼり

 甘口とあったので、ワイングラスに入れて食前酒として飲んでみた。ワインの様なフルーティーな味と香り。知らずにワインですと言って出されたらそう思ってしまうかも。うん~美味いと思ってもう一杯。食事は何時もの発泡酒で。しかし、食事が終わった後、急に酔いが回って来た。なんでこんなに酔うのだろう、風邪でも引いたのかなと思いながら、改めてラベルを見ると、アルコール度20度と書いてあり納得。