中国百名山 角ヶ仙2021/10/15

 一昨年、岡山県鏡野町の泉山の頂上より谷の向うに頂上に向かって一直線に伸びる登山道のある山が望めた。それが中国百名山の角ヶ仙である。中国百名山も日帰りで登れる山は残り数少なくなってきており、何とか行けそうと思い登ってみる事にしました。

中国百名山 角ヶ仙

 麓の越畑から見るとピラミダルな山容が天を衝いてます。これを越畑のマッターホルンと呼ぶ人もいるらしい。


 登山道に入って直ぐこの看板。他ではお目にかかれない角ヶ仙の名物です。


 しかし、ここから木製の急勾配の階段の直登が始まります。数十段登っては息を整えるの連続です。


 標高850m位登った所に山名の案内板がありました。恐らく以前、此処は見晴らしの良い展望台だったのではないでしょうか。今は植林の杉が茂っていて全く展望は利きません。


 標高 1,050m 位で辺りが開けて来ました。いよいよ泉山から見えた直登の急登の始まりです。


 山頂は三等三角点が設置され、意外と広くてゆっくりと昼食が楽しめます。


 展望は北側は樹木が茂って見えませんが、西には大山。


 南西には一昨年登った泉山。少し北東に下れば那岐山を望むことが出来ます。


 花の鑑賞は気温が上がって花が開いる下山時に。ここの竜胆は殆んど蔓竜胆の様です。


 杉林の中にアキノキリンソウ?いやひょっとしたら深山秋の麒麟草(ミヤマアキノキリンソウ)かも知れません。


 下山後、麓の越畑ふるさと村に立ち寄り、残されている小学校の校舎越しに角ヶ仙を撮ってみました。昔の小学校の木造校舎はメルヘンの様ですね。


 今日の登山記録は下記の YAMP の活動記録に掲載しましたので、よろしければご覧下さい。
https://yamap.com/activities/13698649

鏡ヶ成の松虫草2021/10/09

  秋の景色を味わいに鏡ヶ成に出かけてみました。鏡ヶ成の芒原は穂が出始めたところでしょうか。


 道路脇にはお目当ての松虫草。

鏡ヶ成の松虫草

 そこに色んな蝶が集まってきています。これはキタテハかな。


 そして、アカタテハ。まるで舞踏会の様に色んな衣装で舞ってます。


 その中で一際優雅に舞うのはアサギマダラ。


 何か、変わった虫が飛んで来ました。


 ハチドリの様にホバリングしながら吸蜜をしています。


 蜂の一種かと思い調べましたが該当なし。FBの中国地方最高峰大山登山情報に教えて下さいと投稿したら、早速、蛾の一種の星蜂雀(ホシホウジャク)ではないかと回答がありました。


秋の御机みつめたの棚田2021/09/28

 9月も終わりとなりましたが、今年の夏は過ってない天候不順でした。梅雨入りが5月12日頃と例年に無く早く、その分梅雨明けは7月13日頃と比較的早かったのですが、8月7日頃から戻り梅雨の様になり、24日まで毎日雨でした。9月に入っても晴れの日数えるほどで、そうこうしているうちに、新米が市場に出始めました。大山が綺麗に見える晴天を待ってたら、棚田の稲が刈り取られてしまうので、大山は雲の中でしたが、御机の棚田に出かけました。

秋の御机みつめたの棚田

 何とか、刈り入れ前に間に合いました。ただ、稲田には日当たりが欲しいですね。


 太陽が顔を出すのを待つ間、野花の散策です。これは野紺菊でしょうか?


 これもキク科ですが、花弁の先が割れているので、秋の野芥子かな?


 一瞬ですが日が当たりました。黄金に輝く稲田。これを見ると幸せな気分になるのは農耕民族のDNAか。


 車に帰る間も足元を見ながら。花弁4枚の黄色の花は昼咲月見草かな?


 お!現の証拠の紅白の寄せ植え。更に黄色の小花も混じってました。


追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が入選してました。

       佐藤夫雨子選       枝豆を 根ごと売りたる 直売所

 今週の選者は野田哲夫先生のはずなのに佐藤夫雨子先生とは、野田先生また、病に伏せられたのであろうか。投句は野田先生の採りそうな句を選んでたので、佐藤先生の選ではブービーでの入選でした。暫くは投句の句を練り直さねばなるまいな。
これで日本海俳壇の通算入選句数は290句。何とか今年中に三百句としたいものです。

上淀廃寺址の曼珠沙華2021/09/21

 淀江の上淀廃寺址の曼珠沙華が見頃と聞き出かけてみました。


 白の曼珠沙華も群生しています。

上淀廃寺の曼珠沙華

 黄色の曼珠沙華?いやアケボノショウキランオオスミかショウキズイセンか?


 美保湾を見下ろす丘や曼珠沙華


 韓ドラか、それともスタンダールか赤と黒?


 青空と見上げて見たる曼珠沙華


今宵のフィナーレは中秋の名月。訳は分からないけど8年ぶりに満月と同じ日だそうです。記念に撮ってみました。


追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が入選してました。

       椋木誠一朗選       ひぐらしを 伴奏として 法話聴く

 9月の欅句会で3人の方に採って頂いた句ですが、先生の選に入らなかったので如何かなと思いましたが、採って頂きました。。


大神山神社奥宮参道の秋の野花2021/09/14

 昨日、久し振りに大神山神社奥宮に参拝しました。参道の両側は秋の野花の花盛り。ツリフネソウは何時見ても花や葉が虫喰いで写す気がしなかったのですが、今年の天候のせいか、久し振りに虫食いの無いに出合った気がします。


 オオカニコウモリも今年は何時もより綺麗な気がします。モンシロチョウが来たので撮ってみました。


 大神山神社奥宮の摂社の下山神社の拝殿の内部は何時もガラス戸越しでしか見られませんでしたが、今日は遷宮に備えて調査が行われており、直接見る事が出来ました。この方が願い事を聞き届けて貰えそうな気がします。


 参拝を終えて、帰ろうとしたら山頂の雲が無くなって北壁が姿を現せました。


 帰りも野花を探しながらですが、草木の間にツルニンジンが。道後山以外でこの花に出合ったのは初めてではないでしょうか。


 ミズヒキソウは庭に在りますが、やはり野におけですね。



 草むらに咲小さなく紅一点。最初、アカバナかと思いましたが、花弁が5枚なのでベニバナゲンノショウコでしょうか。


 最後は地蔵滝の泉に咲いてたツルボ。10本近くまとまって咲いているのを見たのは初めてでした。


追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が入選してました。

       遠藤裕子選       星の名を 呟いてゐる 端居かな

 星空の綺麗な夜は縁先に出て、眺める事がよくあります。そして、小学校の頃覚えた星の名を呟きながら一時を過ごす姿を詠んだ一句です。そう言えば、天の川を最後に見たのは小学校の時か。目が衰えたのか、光害なのか、今は一等星しか見えません。