鏡ヶ成の山荷葉2021/05/06

 山登りを予定をしてましたが、黄砂が飛んで来るとの予報があり、空気を余り吸わなくて済むように鏡ヶ成の山荷葉(サンカヨウ)を見に出かけました。写真は途中、江府町江尾付近の米子道架橋工事に設置されたクレーンを撮ったもの。


 山荷葉を見るには大山では大休峠など結構山深い所まで登らないと見られなかったが、最近、鏡ヶ成の擬宝珠山荘の裏手に群生するようになっている。人の手により植えられたものだろうか。なんか身近になって、ありがたみが薄れてしまった気がする。


 この花は雨に濡れると半透明のガラス細工の花の様になるという。駐車場から5分も歩かないうちにその姿が見られるのだから、行けばよいのに、いざ雨の日になると億劫になってしまいます。

鏡ヶ成の山荷葉

 山荷葉の隣に何とこの花に出合うと命が延びるといわれる延齢草(エンレイソウ)。それを4つもいっぺんにカメラに収めたのは初めてです。


 更に、猩猩袴(ショウジョウバカマ)。山荷葉に目を取られていると、うっかり、踏んでしまいそうです。


 帰りに、江府町江尾の日野川を泳ぐ鯉幟を見に立ち寄って見ました。


 大山を目指して泳ぐ姿は爽快です。


新緑の大山元谷2021/05/04

 昨日、大山は季節外れの冠雪がありました。大型連休中ではありますが、雪が解けないうちにと今春二度目の元谷ハイキングを行いました。


 雪もさることながら、大山三葉躑躅(ダイセンミツバツツジ)も気になっていました。


 今まさに咲き始めでした。


 その足元には岩鏡(イワカガミ)も咲き始めていました。


 白い岩鏡もありました。


 この時期、元谷の大堰堤まで上がってくると、日本アルプスに居る気分になります。


 左には大屏風の岩壁。


 右には別山の岩壁と北壁の方が南壁より変化に富んでます。


 2週間前見に来た大山桜はすっかり葉桜となってしまいました。


 空を見上げると日量が出来てました。明日は雨ですね。


追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が入選してました。

       遠藤裕子選       山道に 赤の絨毯 落椿


 掲句は3月下旬松江の北山の盟主、大平山に登った時、登山道の至る所に落ち椿が敷き詰められていたのを見て詠んだものです。

大山元谷大山桜2021/04/20

 昨日、豪円山の狼煙台から大山の北壁を望んだ時、元谷に桜の花が咲いているのが見えました。さっそく例年より一週間早いけど春の元谷ハイキングを2年ぶりに結構です。昨年は、全国的な緊急事態宣言で大山の駐車場はおろか駐車スぺースまでロープが張られ、車を置く所が無く、米子に帰ってきて以来、初めて行くことが出来ませんでした。


 今年は元谷の残雪も何時もより少ないです。


 ここから上流に堰堤を一つ越えると大山桜に出合えます。


 残雪の北壁をバックに桜を見ながらの弁当は病みつきになります。


 四半世紀前は雪渓の上にシートを敷いて弁当を食べた事もありました。


 大山の山頂をバックに大山桜のズームアップ。


 此方はバックは別山の岩峰です。


追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

       椋木誠一朗選       弁当を 忘れ登頂 山笑ふ

 昔、友達と山登りをした際、友達が弁当は自分が買って来るからと言ったので、安心してたら友達はそれをリュックに入れ忘れ、山頂で気付いて平謝りしたのを思い出して詠んだ句です。

八重桜2021/04/19

 八重桜を見に伯耆町丸山の大成池に向かったのですが、大山の頂上付近が白っぽくなってたので、そのまま大山道路を直進してみました。


 染井吉野は既に散ってしまいましたが。大山桜は今が盛りです。


 四月も下旬になろうとしているのに、雪の大山と桜の競演を見られるとは思いもしませんでした。


 こうなったら、北壁を見に豪円山の狼煙台に行くしかありません。


 これを見たら、南壁も見たくなります。鍵掛峠へと向かいます。


 豪円山は誰も居ませんでしたが、こちらは流石に先客がいましたが、それでも数人。紅葉の頃を思えばほぼ、景色を独り占めです。


 ニノ沢も独り占めですが、春の息吹を感じる写真が撮れました。


 名残り雪の大山で満足しましたが、今日を逃すと八重桜を見ずに終りそうなので、やはり、大成池に立ち寄って見ました。


 此処はゴールデンウィークには別荘のオーナーが押し掛けるが、今は密を避けて桜も八重も楽しめるのが良い。


片栗の花を見に毛無山へ2021/04/15

 YMAPの投稿情報で毛無山の片栗の花が咲き始めた事を知り、一週間早く岡山県新庄村の田浪の登山口に向かいました。駐車場に向かう直前に毛無山が真正面に見えるのが嬉しい。

毛無山

 9時ちょうどに登山開始。さっそく、やまえんごさく(山延胡索) ケシ科がお出迎え。


 10時10分に白馬山に到着。この時期は樹木が茂ってなく大山が良く見えます。


 足元には片栗の花。登山道の直ぐ脇に咲いてます。


 片栗の群落。今朝はかなり冷え込んだせいか、この時間まだ気温が低く、蕾んだままの花があります。


 11時45分、毛無山山頂到着。途中、擦れ違った人と立ち話が弾み、予定よりかなり遅れました。


 山頂から見た米子市内方面。ひょっとしてこの景色初めて撮ったかもしれません。


 下山途中出合った、はしりどころ(走り野老) ナス科。野菜を思わす葉をしてますが、毒草です。


 寄せ植えのような菫の花群がありました。


 登山記録はYMAPに投稿しましたので下記のページをご覧下さい。

https://yamap.com/activities/10681442