まちなかを巡るモニターツアー 最終回2021/03/13

 米子市都市創造課が毎年数回企画していた~まちなかを巡るモニターツアー~私が参加するのは2回目ですが、今回が最後との事。今回巡るのは米子市児童文化センターのプラネタリウムと米子城三の丸跡。
 先ず、米子市児童文化センターのロビーに集まって、職員より館内の説明を受けます。建物の近くまでは何時も散歩で来るのですが、館内に入った記憶はありません。


 一階の多目的ホール。舞台の高さが低いのが、児童のためなのでしょうか。土足禁止でこんな素晴らしいホールがあるとは知りませんでした。


 2階は俱楽部室が部屋。その一つはホテルの展望フロアーの様な光景が広がっています。


 3階は天体観測室。屋上より間近に見られるとは思いもしませんでした。


 中には口径45cmの屈折望遠鏡が設置されてます。毎月無料の天体観測会が開かれるそうです。


 この後、下に降りたら句会の先生と娘さん、そしてお孫さんにバッタリ。マスクしてたのに、よく見付けてくれました。
 最後に昨年6月にリニューアルオープンしたプラネタリウムを見させて頂きました。プラネタリウムを見るのは子供が小学生の時以来で、見るとやはりワクワクします。


 その後は今年度発掘調査の行われた二の丸桝形と三の丸の現地説明会です。二の丸の石垣の樹木の撤去が進み、裏中御門より本丸の見栄えが良くなりました。


 二の丸桝形の発掘調査で元々の地面は現在より1m以上低いことが判りました。


 3月27日にオープンする駐車場。二の丸の高石垣と本丸の石垣が一目で見える様になりました。外野スタンドの土盛を撤去すれば、高石垣の見栄えが更に増す事になるでしょう。

まちなかを巡るモニターツアー 最終回

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2021/03/13/9356733/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。