鏡ヶ成の山荷葉2021/05/06

 山登りを予定をしてましたが、黄砂が飛んで来るとの予報があり、空気を余り吸わなくて済むように鏡ヶ成の山荷葉(サンカヨウ)を見に出かけました。写真は途中、江府町江尾付近の米子道架橋工事に設置されたクレーンを撮ったもの。


 山荷葉を見るには大山では大休峠など結構山深い所まで登らないと見られなかったが、最近、鏡ヶ成の擬宝珠山荘の裏手に群生するようになっている。人の手により植えられたものだろうか。なんか身近になって、ありがたみが薄れてしまった気がする。


 この花は雨に濡れると半透明のガラス細工の花の様になるという。駐車場から5分も歩かないうちにその姿が見られるのだから、行けばよいのに、いざ雨の日になると億劫になってしまいます。

鏡ヶ成の山荷葉

 山荷葉の隣に何とこの花に出合うと命が延びるといわれる延齢草(エンレイソウ)。それを4つもいっぺんにカメラに収めたのは初めてです。


 更に、猩猩袴(ショウジョウバカマ)。山荷葉に目を取られていると、うっかり、踏んでしまいそうです。


 帰りに、江府町江尾の日野川を泳ぐ鯉幟を見に立ち寄って見ました。


 大山を目指して泳ぐ姿は爽快です。


新緑の大山元谷2021/05/04

 昨日、大山は季節外れの冠雪がありました。大型連休中ではありますが、雪が解けないうちにと今春二度目の元谷ハイキングを行いました。


 雪もさることながら、大山三葉躑躅(ダイセンミツバツツジ)も気になっていました。


 今まさに咲き始めでした。


 その足元には岩鏡(イワカガミ)も咲き始めていました。


 白い岩鏡もありました。


 この時期、元谷の大堰堤まで上がってくると、日本アルプスに居る気分になります。


 左には大屏風の岩壁。


 右には別山の岩壁と北壁の方が南壁より変化に富んでます。


 2週間前見に来た大山桜はすっかり葉桜となってしまいました。


 空を見上げると日量が出来てました。明日は雨ですね。


追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が入選してました。

       遠藤裕子選       山道に 赤の絨毯 落椿


 掲句は3月下旬松江の北山の盟主、大平山に登った時、登山道の至る所に落ち椿が敷き詰められていたのを見て詠んだものです。

四月馬鹿2021/04/27

 今朝の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

       佐藤夫雨子選       騙された 振りに気付かぬ 四月馬鹿

 この句は野田哲夫先生を狙って投句したのですが、野田先生を飛ばして佐藤先生の選になってしまいました。ひょっとしてこれも四月馬鹿だったりして?
 これで日本海新聞に掲載されたのは270句。朝日新聞のとっとり版に掲載されたのは32句。合わせて300句を超える事になりましたが、何とか来年の1月中に日本海新聞だけで300句としたいものです。


中国百名山 三坂山2021/04/26

 今月は岩団扇の伯州山に片栗の毛無山と人気の山に登ったので〆は昨日、1都2府1県に緊急事態宣言が出された事もあり、中国百名山ながら誰にも出会わないだろうと思われる真庭市の三坂山に登ってみました。但し、熊さんに出合うかもしれないので、熊除けの鈴を買い、個人では初めて登山保険に入って向かいました。写真は登山口の釘貫小川からみた三坂山です。

中国百名山 三坂山

 峠までの径は過っての陰陽の往来の街道です。沢の水が溢れて道路を濡らしてますが、そこにネコノメソウの群落がありました。しかし、こんなに茎の立っているネコノメソウは初めてです。


 峠の三坂山の山頂と反対側に展望できる岩があると知り立ち寄って見ました。そこから三坂山の頂上部が一望できます。一番左のピークが頂上の様ですが、そこまでに幾つかピークを越えなければならない様です。


 峠からの登りは斜度45度近い急勾配の直登で、滑り落ちないか冷や冷やしながら、必死で登りました。頂上からの眺めは十国が望めるという展望で、大山はもちろん、岡山県内の山はほぼ望めたのではないでしょうか。


 次の写真は一昨年とその前の年に登った星山と櫃ケ山です。


 登山記録はYMAPに登録しましたので下記のページをご覧下さい。
https://yamap.com/activities/10867301

大山元谷大山桜2021/04/20

 昨日、豪円山の狼煙台から大山の北壁を望んだ時、元谷に桜の花が咲いているのが見えました。さっそく例年より一週間早いけど春の元谷ハイキングを2年ぶりに結構です。昨年は、全国的な緊急事態宣言で大山の駐車場はおろか駐車スぺースまでロープが張られ、車を置く所が無く、米子に帰ってきて以来、初めて行くことが出来ませんでした。


 今年は元谷の残雪も何時もより少ないです。


 ここから上流に堰堤を一つ越えると大山桜に出合えます。


 残雪の北壁をバックに桜を見ながらの弁当は病みつきになります。


 四半世紀前は雪渓の上にシートを敷いて弁当を食べた事もありました。


 大山の山頂をバックに大山桜のズームアップ。


 此方はバックは別山の岩峰です。


追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

       椋木誠一朗選       弁当を 忘れ登頂 山笑ふ

 昔、友達と山登りをした際、友達が弁当は自分が買って来るからと言ったので、安心してたら友達はそれをリュックに入れ忘れ、山頂で気付いて平謝りしたのを思い出して詠んだ句です。