松虫草2015/09/23

 鏡ヶ成に松虫草を見に出かけました。その前に江府町貝田に立ち寄って蕎麦の花を見る事にしました。

       蕎麦はまだ 花でもてなす 山路かな     芭蕉


 そして、江府町御机の棚田

   日本海俳壇 平成23年10月 佐藤夫雨子選     大山に 抱かれ実る 棚田かな    朗然


 棚田の上部より見下せば、天空に広げし金の稲絨毯。


 後一月足らずで、ここで採れた天恵米が我が家の米櫃を満たす事でしょう。


 鏡ヶ成は松虫草の花盛り。後ろに聳えるは山陰のマッターホルン烏ヶ山。

松虫草

 松虫草の周りにはアカハテハ等の蝶が乱舞してました。


 でも何故か、アサギマダラはヒヨドリ花の方がお好きの様。浮気をしても直ぐにここに舞い戻って来ます。


中国百名山 大江高山2015/04/22

 高校の時の同級生と一泊二日の山旅に出かけました。向かったのは島根県大田市大代町の大江高山。大森銀山の山塊の最高峰で一等三角点のある中国百名山の一つである。7:15に家を出て、10:15登山口出発。


 直ぐにジグザグの急登が続きます。こんな時慰めてくれるのが野花ですが、今回は絶滅危惧種のギフチョウ。初めてカメラで撮ら得る事ができました。


  11:40 最初のピークに到達。ここからは馬の背と呼ばれる吊り尾根が頂上まで続きます。


 この山で目立った野花はイカリソウとマムシグサ。イカリソウは鎌倉山で紹介したので割愛。マムシグサは高度を上げる度に成長が遡って行きました。写真は正に花が顔を出したところ。


 12:20 山頂に到着。標高 808mの一等三角点、展望は東と北に開けてます。


 東北東約 20kmには三瓶山。やはり三瓶山は島根県中部のシンボルですね。


 14:35 無事登山口に下山。左が最初のピーク。右奥のピークが山頂。


 今宵の宿泊地に向かう途中、東側より大江高山を振り返る。

大江高山

梅雨の庭の花2012/07/06

 今日の最高気温 31.4℃ 湿度 70%以上で蒸し暑い。まさに梅雨らしい暑さだ。
 梅雨の我家の庭の芝地は捩花に占領されています。

捩花

 芝が湿っていて芝刈りが出来ない事をいい事に我が物顔で育ってます。小さな花にはモンシロチョウ。


 リアトリスには大きな蜂がやってきます。


 リアトリスの後ろの花はアガパンサス。


 それらに混じって、何故か、初秋の代表の秋櫻(コスモス)が咲き始めました。


 先日までの涼しい梅雨に秋の長雨と間違えたのかな?

新・花の百名山 船上山2012/06/28

 船上山の千丈の滝は北側に面していて日が当たらない。夏至の近くなら日の当たった写真が撮れるかもしれないと思い出かけた。

千丈滝

 だが、船上山に登っている間だけ曇りとなってしまった。それでも、雄滝の全景写真は撮ることが出来た。
 梅雨なのでもう少し水量が多いと期待したのだが。


 雌滝は上部は樹木に覆われて何処が最上部なのか見えない。


 船上山は田中澄江のエッセイ「新・花の百名山」に選ばれています。鳥取県からは大山、氷ノ山、道後山と船上山の4山が選ばれてますが、中国地方第2の高峰、氷ノ山にはまだ登っていません。
 船上山は低くても花の百名山に選ばれるだけあって、今日も良い花に出会いました。登山道はウツボグサの花道となっていました。ちょうど、イチモンジセセリが蜜を吸いに来てたので、いっしょにパチリ。


 園芸種にもなっている花を野山で見ると、やけに大きく感じます。オオバギボシも山で見ると存在感があります。


 白い花は種類が多く見過ごしがちですが、オカトラノオは形から目に付きます。


 あれ!シモツケかな、それともシモツケソウ?時期が早いような気がするのだが。木か草か確認するのを忘れてしまいました。それとも、別の花かも。



大山の棚田2011/09/25

 久し振りに大山に雲がかかってなかったので、御机の棚田を写しに行った。
 既に、刈り入れが始まっていました。来週行ったら終わってたかもしれない。

大山の棚田

 フジバカマとツマグロヒョウモンの雌。偶然、蜂のホバーリングも捕らえていました。


 ツルボを広角で接写して見ました。本当は小さな花です。


 遠近の差が大きかったので、ツリガネニンジンを望遠でクローズアップすることが出来ました。


 台風で倒された稲が多かったけれど、萱葺小屋の前の稲穂は無事でした。