2021/12/07

 今朝の日本海俳壇に下記の句が入選してました。

       野田哲夫選       日野の谷 埋め尽くしたる 朝の霧


 写真は昨年11月下旬、明地峠から撮ったものです。これで、297句目の入選です。残り3週、全勝ならば今年中に念願の日本海俳壇300句入選達成となりますが、今日の句会の成績では生みの苦しさを味わいそうです。

 今日は欅句会でしたが、何と伝統ある俳誌「ホトトギス」の同人に欅句会のメンバー、一人が推薦されました。鳶が鷹を生んだというか、私は父の子供頃の思い出話を思い出しました。
 明治時代ですから、鶏は放し飼いです。生んだ卵を親鶏が温めていましたが、離れた空きに一個を失敬して、代わりにアヒルの卵を置いたそうです。やがて、卵は孵化しヒナが誕生しました。何日か経つと、その内の一羽が傍に流れている川を泳ぎ始めました。それを見た親鶏は必至で止めようとコケッコッコーと叫びながら右往左往してたそうです。今回は白鳥の卵が入れられていたようで、飛んで行く姿をあっけにとられて皆で見ているような感じです。でも、この白鳥は毎月、生まれ育った鶏小屋に帰って来てくれるので嬉しい限りです。
 

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2021/12/07/9446269/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。