裘(かわごろも)2021/11/30

 今朝の日本海俳壇に下記の句が二席で入選してました。

       椋木誠一朗選       潮の香や父の遺せし裘

 選評には、季題は「裘」。亡き父がよく着ていた裘。動物の毛皮で作られた防寒服を着て海を見に来たところだ。潮の香を胸いっぱいに吸い込む。「潮の香」も裘に染みついた香りと解釈すれば、亡父も海が好きだったのだと改めて思う。父恋の思いが滲む。とありました。
 これで、今年の日本海俳壇の特選は5句。残り1ヶ月ですが、中々5句の壁を超える事が出来ません。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2021/11/30/9444347/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。