彼岸花の里俳句フォト俳句コンテスト入選2021/11/23

 十月の初め応募した彼岸花の里俳句フォト俳句コンテストに下記の俳句と写真が2年連続佳作で入選してました。今年は更に上を狙ったのですが、人は更に上を行ったようです

       美保湾を 見遣る足元 曼珠沙華


追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が入選してました。

       遠藤裕子選       白無垢を 包む錦の 紅葉かな


 俳句と写真は去年の秋の吟行句会で詠んだものですが、奇しくも一昨日、大神山神社奥宮に今年最後のお参りをした帰りに同じ光景に出合いました。改めて写真を見ると傘と髪飾りが同じでした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2021/11/23/9442697/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。