大山の紅葉2021/11/02

 例年11月3日の文化の日は晴れの特異日で、大山の紅葉を見るには最高の日とされている。しかし、天気予報は2日が晴で3日は雨の予報。ならばと、大山へ向かいました。まず、鏡ヶ成の新小屋峠。


 ここには西鴨橅という貴重な橅の保護地区となっており、大山の他の地区とは異なる橅の景観となっている。


 最初にここに来たのは午後からでは陰になってしまうからです。


 鍵掛峠に向かう途中、奥大山スキー場に立ち寄ってみました。


 これは白樺でしょうか。だとしたら、黄葉した白樺を見るのは初めてだと思います。


 鍵掛峠手前の烏ヶ山の展望地。今年も登る踏ん切りが付かなかった。来年こそ。


 手前には橅の樹海。ここの紅葉が見頃の頃は、烏ヶ山の紅葉は終わってます。


 皆さん、烏ヶ山の方ばかりに気を取られてますが、反対側も見事です。


 鍵掛峠からの大山南壁の絶景。この時期、駐車場に止めるのが一苦労ですが、今年はいくらか楽でした。

大山の紅葉

 今年は手前のナナカマドのような木の紅葉が何時もより早い気がします。冬の到来が早いかも。


 ここも、駐車場脇の紅葉が見事です。


 ニノ沢付近の大山環状道路。例年より車が少ないのはやはり、コロナのお蔭でしょうか。


追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が入選してました。

       椋木誠一朗選       柳散る 橋の袂の 佃煮屋


 掲句は2年前、東京の浅草橋のホテルに泊まった時、近くを散策してたら、神田川の最下流に柳橋という橋が架かっており、その袂に柳と佃煮屋があり、なんとまあ江戸てぇ感じだなと思い、詠んだ句です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2021/11/02/9437049/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。