大神山神社奥宮参道の秋の野花2021/09/14

 昨日、久し振りに大神山神社奥宮に参拝しました。参道の両側は秋の野花の花盛り。ツリフネソウは何時見ても花や葉が虫喰いで写す気がしなかったのですが、今年の天候のせいか、久し振りに虫食いの無いに出合った気がします。


 オオカニコウモリも今年は何時もより綺麗な気がします。モンシロチョウが来たので撮ってみました。


 大神山神社奥宮の摂社の下山神社の拝殿の内部は何時もガラス戸越しでしか見られませんでしたが、今日は遷宮に備えて調査が行われており、直接見る事が出来ました。この方が願い事を聞き届けて貰えそうな気がします。


 参拝を終えて、帰ろうとしたら山頂の雲が無くなって北壁が姿を現せました。


 帰りも野花を探しながらですが、草木の間にツルニンジンが。道後山以外でこの花に出合ったのは初めてではないでしょうか。


 ミズヒキソウは庭に在りますが、やはり野におけですね。



 草むらに咲小さなく紅一点。最初、アカバナかと思いましたが、花弁が5枚なのでベニバナゲンノショウコでしょうか。


 最後は地蔵滝の泉に咲いてたツルボ。10本近くまとまって咲いているのを見たのは初めてでした。


追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が入選してました。

       遠藤裕子選       星の名を 呟いてゐる 端居かな

 星空の綺麗な夜は縁先に出て、眺める事がよくあります。そして、小学校の頃覚えた星の名を呟きながら一時を過ごす姿を詠んだ一句です。そう言えば、天の川を最後に見たのは小学校の時か。目が衰えたのか、光害なのか、今は一等星しか見えません。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2021/09/13/9423121/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。