欅句会 2021.092021/09/07

 2ヶ月ぶりの対面での欅句会です。しかし、コロナ感染を危険を避けてか、出席者は10人と普段の3分の2程度でした。今日の兼題は枝豆と萩。枝豆はちょうど一ヶ月前、米子市石州府の県道沿いに、臨時の枝豆直売所を見付けたのが幸いし、2句共先生の選に入りました。一週間前の公民館の句会では2句共選ばれなかったので、手直ししたのが良かったのかもしれません。

       枝豆を 根ごと売りたる 直売所

       朝採れの 枝豆香る 厨かな

 私が選んだ枝豆の句はTAAさんの核家族。私を含め頂いた3人とも男というのが面白い。そして、枝豆の産毛に注目したMYSさんの句。これも私を含め頂いたのは男二人。SNIさんのおしぼりは、もてなしの心遣いが感じられます。

 萩は雪月花と同じ二音の苦手とする季題。しかし、公民館の句会では好成績の句だったので、自信作と思ってたのですが、誰からも選ばれず。80代、90代には好まれても、前期高齢者以下には受けなかった様です。私が頂いたのは、MYSさんの
参道の句。私を含め4点は好成績と思えますが、先生の選に選ばれなかったのは類想がありそうな句故か。

 当期雑詠で採って頂いた句は下記の2句。

       ひぐらしを 伴奏として 法話聴く

       転作の 棚田に白く 蕎麦の花

 2句共公民館の句し、互選でも点が取れたので、先生の選に入ると思ってたのですが・・・ 私が頂いた当期雑詠のくは
 HDYさんの西瓜。知人の送り状の添え書きに送り主の気持ちが良く解ります。
 DTTさんの秋刀魚は今年の高値を詠んだもの。時事俳句のせいか、頂いたのは私だけ。
 TSTさんは夕暮れの蜩を詠んだもので、なるほどそうだなぁと思わす句でした。

追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が入選してました。

       佐藤夫雨子選       校庭に 並ぶ笑顔や 日輪草

 土手の上から何万本のヒマワリを眺めていたら、ふと小学校の頃、校庭に全校生徒が整列して此方を見てる光景を思い出して詠んだ句です。




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2021/09/07/9420465/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。