冬帝2021/01/12

 8回連続俳句の事で申し訳ありません。なんせ、ここ一ヶ月以上、句会と買い物以外に外に出る事が有りませんので。
 今朝の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

       佐藤夫雨子選       冬帝を  迎へる木々の  ストリップ

 11月も末になると真っ赤なドレスを纏った木々の衣装が一枚一枚剝がされ行く。最後に葉が一枚になった時、冬、すなわち冬帝を歓迎するかのように木々がストリップしている様に思えて、詠んだものです。この句は、まず女性は採らないだろう。男でも採るとしたら高齢の方しか居ないと思い、佐藤先生にぶつけて正解でした。特選とはいきませんでしたが、その手前の位置で採って頂きました。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2021/01/12/9336871/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。