秋の暮2020/11/24

 今朝の日本海俳壇に下記の句が三席で入選しました。

       椋 誠一朗選       秋の暮 ふと口遊む イブモンタン

 句評には、『季題は「秋の暮」。恐らくモンタンの代表的名唱”枯葉”であろう。何かの拍子に歌詞が口をついて出たのだ。一日の終焉を迎えるそこはかと気のふさぐ秋の夕暮れである。「人生の秋」を表現したその旋律が自然と口の端に上がったのであろう。』とあった。
 公民館の句会の先生には「付き過ぎ」と言われたが、椋先生に四年ぶりに特選で採って頂いたのは嬉しい限りである。これで、特選は2年連続4回となりました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2020/11/24/9319920/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。