欅句会 2020.102020/10/06

 欅句会は今月より通常スタイルに戻って開催されました。ただ、マスク着用なので、名乗りと選評は聴きづらく、聴き漏らす事しきりです。10月の兼題は曼珠沙華と蓑虫。曼珠沙華は二度、上淀廃寺跡に行って六句ほど作句。その中の三句を投句。その内の一句に点が入りました。

       パリコレの ドレス思わす 曼珠沙華


 曼珠沙華の造形美は色んな物を想像させてくれる。私は真紅と奇抜な形より掲句としたのだが、十人選句して誰も採らない。あれ、と思ってたところ、最後の三人の方に立て続けに採って頂けました。
 私が頂いた曼珠沙華の句は、SENさんの花の盛りの過ぎた風情を詠んだ一句。こういう句が詠めるとは芦屋で鍛えられてるからなのか。YDSさんの林に見立てた句。背景を空だけにしてみると、椰子の木の街路樹に見えなくもない。ノミネートはしたけど採らなかった句に男爵の髭というのがあり、今日の五句に選出。こっちにすべきだったかな?

 蓑虫はここ数年、見た覚えがない。想像していると、寝袋を思い出しました。しかし、蓑虫と寝袋では想像が貧弱だし、孤独な感じが無いと思い

       蓑虫と なりし気分や ツェルト泊

 この句を採るのは先生くらいと思ってたら、初っ端から名乗る事になり、締めの先生まで計六回名乗る事になりました。一句で5点以上は8ヶ月ぶり。
 私が頂いた蓑虫の句はNGTさんの恋の句。そう言えば蓑虫はどうやって相手を見付けるのか不思議と言ったら、虫の大好きなUFOさんが説明してくれました。お互い相手の姿を見る事は無いと言われましたが、受け入れて良いと判断するのは何なのだろう?匂いか鳴き声か?

 当期雑詠で頂いたのは、中学、高校の頃、野球観戦と言えば米子の湊山球場でしたが、先月、史跡整備のため廃止となりました。

       秋の声 廃止となりぬ 野球場


 何故か、米子市の方ではない方に採って頂きました。
 私が頂いた当期雑詠の句は
  MYJさんの落し水。動きと音と映像が直ぐに浮かぶ一句で今日の五句に選ばれました。
  YRIさんの鯊は親子の微笑ましい姿を見てる一句でこれまた、今日の五句に選出。
  SNIさんの轡(クツワムシ)は何時も女房に尻を叩かれている男二人だけが頂きました。
  YWHさんの望月はくもに入ったり出たりする様を見てる人の気持ちを詠んだもの。先生の選に入らなかったの何故だろう。
 今回も先生の句を一句もノミネートもせず。選句力が落ちてきてるのかな?

追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

       野田哲夫選       蜩や 夕日漏れ込む 下山径

 9月まで散歩は暑さを避けて夕方してたのですが、城山から下る時に見る、木漏れ日と蜩の鳴き声を詠んだものです。まだ、一月も経ってないのに、もう蜩の声は消えてしまい、入選句を見た時、懐かしさを覚えました。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2020/10/06/9302976/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。