比婆の牛曳山、伊良谷山、毛無山縦走2020/10/02

 Go To トラベルが全国的に緩和されたので、と言う訳では無いですが、島根を跨いで広島県の県民の森の比婆山に出かけました。今回はまだ、足を踏み入れて無い、牛曳山、伊良谷山、毛無山の三座縦走です。牛曳山に登り始めて直ぐ、白樺の林が現れました。恐らく植林されたものと思いますが、西日本でこれだけの白樺林は他に無いでしょう。


 牛曳山を半分くらい登った所で見事な滝が。滝の名の看板があって良さそうなものですが、説明も何もありません。


 牛曳山~伊良谷山~毛無山の稜線は木が生い茂り展望はほとんど利きません。自然、目線は足元の野花に向きます。見慣れた花の名を思い出しながら歩いていると、久し振りに見る花に出合いました。これは蔓竜胆。氷ノ山以来です。


 キクバヤマボクチと思いますが、付け根がまだ、青いので一瞬、初めて出合う花かと思いました。


 あっ!都薊!三ヶ上では頂上の岩の間にひっそりと咲いていたのに、ここでは木陰に茎を伸ばし、見てくれと言わんばかり。


 これは初めて。帰宅後検索した結果、飯子名(ママコナ)ではないかと思いますが、如何?


 12時前、予定通り毛無山山頂に到着。頂上より縦走して来た伊良谷山、牛曳山を振り返ります。その向こうは道後山か。


 広々とした毛無山山頂。その向こうに立烏帽子、御陵、烏帽子山が広がります。頂上からは大山が幽かに見えましたが、お見せする様な写真とはなりませんでした。
 ここまで誰一人会わず。昼食後、下山準備をしてたら、ようやく一組上がって来ました。駐車場には10台以上停まっていたのに、このルールはマイナーなのですね。


 下山途中、ききょうが丘という所に立ち寄り、毛無山を振り返りました。ここに立ち寄らなかったら、毛無山を見ることなく帰ってしまうところでした。


 今日の軌跡と標高図。Gの所から反時計回りに歩きました。

牛曳山、伊良谷山、毛無山縦走

 累計タイム 4;42 距離 8.4km  累積標高上り 621m  下り 620m となってました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2020/10/02/9301538/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。