比婆の牛曳山、伊良谷山、毛無山縦走2020/10/02

 Go To トラベルが全国的に緩和されたので、と言う訳では無いですが、島根を跨いで広島県の県民の森の比婆山に出かけました。今回はまだ、足を踏み入れて無い、牛曳山、伊良谷山、毛無山の三座縦走です。牛曳山に登り始めて直ぐ、白樺の林が現れました。恐らく植林されたものと思いますが、西日本でこれだけの白樺林は他に無いでしょう。


 牛曳山を半分くらい登った所で見事な滝が。滝の名の看板があって良さそうなものですが、説明も何もありません。


 牛曳山~伊良谷山~毛無山の稜線は木が生い茂り展望はほとんど利きません。自然、目線は足元の野花に向きます。見慣れた花の名を思い出しながら歩いていると、久し振りに見る花に出合いました。これは蔓竜胆。氷ノ山以来です。


 キクバヤマボクチと思いますが、付け根がまだ、青いので一瞬、初めて出合う花かと思いました。


 あっ!都薊!三ヶ上では頂上の岩の間にひっそりと咲いていたのに、ここでは木陰に茎を伸ばし、見てくれと言わんばかり。


 これは初めて。帰宅後検索した結果、飯子名(ママコナ)ではないかと思いますが、如何?


 12時前、予定通り毛無山山頂に到着。頂上より縦走して来た伊良谷山、牛曳山を振り返ります。その向こうは道後山か。


 広々とした毛無山山頂。その向こうに立烏帽子、御陵、烏帽子山が広がります。頂上からは大山が幽かに見えましたが、お見せする様な写真とはなりませんでした。
 ここまで誰一人会わず。昼食後、下山準備をしてたら、ようやく一組上がって来ました。駐車場には10台以上停まっていたのに、このルールはマイナーなのですね。


 下山途中、ききょうが丘という所に立ち寄り、毛無山を振り返りました。ここに立ち寄らなかったら、毛無山を見ることなく帰ってしまうところでした。


 今日の軌跡と標高図。Gの所から反時計回りに歩きました。

牛曳山、伊良谷山、毛無山縦走

 累計タイム 4;42 距離 8.4km  累積標高上り 621m  下り 620m となってました。

欅句会 2020.102020/10/06

 欅句会は今月より通常スタイルに戻って開催されました。ただ、マスク着用なので、名乗りと選評は聴きづらく、聴き漏らす事しきりです。10月の兼題は曼珠沙華と蓑虫。曼珠沙華は二度、上淀廃寺跡に行って六句ほど作句。その中の三句を投句。その内の一句に点が入りました。

       パリコレの ドレス思わす 曼珠沙華


 曼珠沙華の造形美は色んな物を想像させてくれる。私は真紅と奇抜な形より掲句としたのだが、十人選句して誰も採らない。あれ、と思ってたところ、最後の三人の方に立て続けに採って頂けました。
 私が頂いた曼珠沙華の句は、SENさんの花の盛りの過ぎた風情を詠んだ一句。こういう句が詠めるとは芦屋で鍛えられてるからなのか。YDSさんの林に見立てた句。背景を空だけにしてみると、椰子の木の街路樹に見えなくもない。ノミネートはしたけど採らなかった句に男爵の髭というのがあり、今日の五句に選出。こっちにすべきだったかな?

 蓑虫はここ数年、見た覚えがない。想像していると、寝袋を思い出しました。しかし、蓑虫と寝袋では想像が貧弱だし、孤独な感じが無いと思い

       蓑虫と なりし気分や ツェルト泊

 この句を採るのは先生くらいと思ってたら、初っ端から名乗る事になり、締めの先生まで計六回名乗る事になりました。一句で5点以上は8ヶ月ぶり。
 私が頂いた蓑虫の句はNGTさんの恋の句。そう言えば蓑虫はどうやって相手を見付けるのか不思議と言ったら、虫の大好きなUFOさんが説明してくれました。お互い相手の姿を見る事は無いと言われましたが、受け入れて良いと判断するのは何なのだろう?匂いか鳴き声か?

 当期雑詠で頂いたのは、中学、高校の頃、野球観戦と言えば米子の湊山球場でしたが、先月、史跡整備のため廃止となりました。

       秋の声 廃止となりぬ 野球場


 何故か、米子市の方ではない方に採って頂きました。
 私が頂いた当期雑詠の句は
  MYJさんの落し水。動きと音と映像が直ぐに浮かぶ一句で今日の五句に選ばれました。
  YRIさんの鯊は親子の微笑ましい姿を見てる一句でこれまた、今日の五句に選出。
  SNIさんの轡(クツワムシ)は何時も女房に尻を叩かれている男二人だけが頂きました。
  YWHさんの望月はくもに入ったり出たりする様を見てる人の気持ちを詠んだもの。先生の選に入らなかったの何故だろう。
 今回も先生の句を一句もノミネートもせず。選句力が落ちてきてるのかな?

追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

       野田哲夫選       蜩や 夕日漏れ込む 下山径

 9月まで散歩は暑さを避けて夕方してたのですが、城山から下る時に見る、木漏れ日と蜩の鳴き声を詠んだものです。まだ、一月も経ってないのに、もう蜩の声は消えてしまい、入選句を見た時、懐かしさを覚えました。


冨栄山登山2020/10/13

 鳥取県を蝶の形に見立てると、その尾にある山は標高 1,118m の津黒山ですが、登ってみると、その南に更に高い山があるのに気付かされました。山渓の岡山県の山で2番目に掲載されてる富栄山(フエイザン)標高 1,205m で蒜山より高い。アプローチの関係で日帰りは無理だと思ってたら、地図を調べているうちに、登山口まで1時間40分で行けるルートを見付け、出かけてみました。7時10分に家を出て、9時前には登山開始です。
 登山口まで舗装道路を乗用車で走れ、広い駐車場もあり、熊注意の看板も無い。山登りにはありがたい。 


 歩き始めて20分位で沢を渡りますが、2本の丸木橋です。ちょっとしたスリルが味わえます。


 泥のぬかるみは踏石ならぬ踏み木?滑りそうでこちらの方が緊張しました。


 稜線に出て、大空山に立ち寄ってから引き返し、暫く歩くと木間越しに冨栄山の頂上が見えて来ました。真ん中付近に頂上の展望台の一部が見えてますが、判りますか?


 予定通り、11時半頃、冨栄山山頂に到着。木製の展望台が設けてあり、冨栄山の看板の手前に四等三角点の石杭が見えます。


 頂上から北へ、さらに登山道が伸びてます。乗幸山まで30分と書かれてましたが、その往復の体力はありません。


 東側にはほぼ一年前、登った泉山が見えます。今日は水蒸気が多く遠くまで見えません。


 ほぼ、真北に川乗山。その向こうに顔を出せている頂上の広い山が津黒山と思えます。


 南には大空山への稜線が見えますが、どのピークが大空山か分かりません。


 今日の軌跡と標高図です。下山したのは14時前。全行程約5時間は去年の泉山とほぼ同じです。


 登山口近くに日帰り温泉施設、のとろ天空の湯というのがあり入浴する事にしました。露天風呂に浸かりながら、今日歩いた山の頂を見るのは最高です。

冨栄山

 なお、浴室にはカメラ持ち込み禁止とありましたので、入浴後、施設の外から撮った冨栄山の頂です。

紅葉の鏡ヶ成2020/10/20

 紅葉狩りのシーズン到来である。先ずは、車で行ける標高の最も高い峠、新小屋峠へ。


 やはり、まだ、ちょっと早いかと思えるが、これが一週間後には枯れ木になっている場合があるので、油断がならない。


 新小屋峠から鏡ヶ成に下り、湿原を散策。あまり見かけない竜胆に出合いました。形は筆竜胆に似てるが、今は秋だしなぁ?


 盛りは過ぎましたが、ここの芒はやはり、良い!


 鏡ヶ成から見た烏ヶ山。宇多田ヒカルが登って以来、人気の山となり、新小屋峠付近の駐車スペースはほぼ埋まっていました。

紅葉の鏡ヶ成

追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

       遠藤裕子選       野点の座 少し離れて 小鳥来る

 欅句会に入っておればこそ詠めた句です。茶席に誘ってくれた句友に感謝です。

大神山神社奥宮2020/10/21

 大神山神社奥宮に約一年ぶりに参拝です。今年は雪が少なかったので3月にはお参り出来たのですが、新型コロナウィルスの感染防止のためすっかりご無沙汰となってしまいました。


 無名橋を渡り、日本一長い自然石の石畳の参道を登ります。ここの石橋の下にお経が書かれており、渡ることで世俗の汚れを落とせるとされてます。


 本来なら、社殿改修のためこの春、隣の下山神社に神様を移す儀式が行われるはずでしたが、未だとの事。これもコロナのせいか。

大神山神社奥宮

 これが下山神社。ここの狛犬は犬ではなく白狐です。


 下山神社は大山の弥山に正対しています。


 下山神社の本殿の下にはご神体の使いを務める白狐が出入りする穴が開けられています。


 天気が良いので金門に立ち寄って見ました。


 紅葉はようやく、色づき始めたと言ったところでしょうか。