欅句会 2020.092020/09/01

 今月も三密を避けての句会で投句は一週間前に世話役さんにメールで完了。清記はランダムに5枚の用紙に纏められ一覧にして当日配られて選句です。兼題は流燈とカンナ。流燈は30年前祖母の初盆に行っただけなので、光景が思い浮かばない。それでも何とか纏めては見ましたが、やはり、人様に採って頂ける句にはならなかった様です。私が頂いたのはTAKさんの抑留されて無くなった方に思いを寄せる句です。
 カンナは最近、見た記憶がないないが、原色の色合いより、二十歳前後の頃の姉の姿を思い出し

       派手好きの 姉の墓前や カンナ燃ゆ

 何とこの句が久々に本日の五句に選ばれました。選評で先生が姉に在った時の思い出を語られた事から、会が終わった後の雑談で暫く盛り上がりました。私が頂いたカンナのくはSENさんの部活の思い出を詠んだ一句。SENさんの男ぽい一面はこんなとこから育まれたのでしょうか。

 当期雑詠で採って頂いたのは、前回、暫く前から句会は不在投句ながら投句を続けられてる方が話題になったのを思い出し

       白寿超へ 投句忘れぬ 生身魂

 私も長生きをするならば、かくありたいと詠み、三人の方に採って頂きました。後の二句は一寸、冒険して見ましたが、受け入れて貰えなかった様です。別の句会で字句を替えて出してみますが、どうなることやらお楽しみ。当期雑詠で頂いたのは
 TAKさんの夏の潮。DTTさんの句とばかり思ってましたが、女性の句とは意外でした。
 KKTさんの硯は汀線という表現がなるほどと思わせました。
 SNIさんの扇風機はこの所の熱帯夜で毎夜、体験する事を感情を出さずに詠まれているのが良い。
 YWHさんの白靴を頂きましたが、改めて読むと、看護婦さんは年中白靴で季節感は無いか。
 IOTさんの蜻蛉とりを頂きましたが、夏休みになっても最近、見かけなくなりました。夏休みの風物詩だった昆虫採集は死語になりつつあるのかな。

追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

       椋木誠一朗選       大橋を 半分濡らし 白雨去る

 2年前の句ですが、3年連続投稿し、やっと採って頂けました。しかも、割と高位置で。やはり、自分で良い句だと思っているのは、捨てずにおいて正解でした。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2020/09/01/9291320/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。