夏野2020/07/28

 今朝の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

       遠藤裕子選       テンガロン ハットの駆くる 大夏野

 7月の欅句会の兼題の句です。一月前に出来た時は、良い句が出来たと思ったのですが、今見直すと季題のイメージで作っただけの句だなと思えてしまいます。しかし、公民館の句会の先生は「嘘の様な本当の話を句にしても誰も採ってくれないが、本当の様な嘘の話は採って貰える。」と言われる。見た事も無い実景を句にして、皆にスルーされるのも辛い。その辺の匙加減が難しい所です。

 


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2020/07/28/9272735/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。