豆の飯2020/05/22

 今朝、句友より朝日新聞のとっとり俳壇に下記の句が入選してると連絡がありました。

       二宮俊彦選       お供へに 妣(ハハ)の好物 豆の飯       釋 朗然

 入選は6句ですが、全てに選評が書かれており、小生の句には「春彼岸のお供えの豆飯。亡き母の好物が母を思い出させる。」とあった。欅句会からはもう一人入選しており、とっとり俳壇では久々のダブル入選です。


逆さ大山2020/05/28

 新型コロナウィルスの感染防止の緊急事態宣言は解除されましたが、今月いっぱいは他県への移動は自粛要請されたままです。この時期は蒜山高原に出かけてますが、要請に従い御机までで我慢です。

逆さ大山

 御机の棚田は田植えが終わったばかり。空の青が田圃に映り、天と地が一体になった様に見えます。


 この時期ならではの逆さ大山も楽しめます。


 田圃の畔にアヤメが咲いてました。南壁とのコラボです。


 御机の茅葺小屋も束の間の逆さ大山です。


 藤の時期葉終わったと思ってたら、奥大山スキー場付近は今が盛りでした。


 白い花はアオダモでしょうか?カラスの頭を背景に撮ってみました。


 鍵掛峠もすっかり青葉となってます。


 大山まきばみるくの里は営業してましたが、駐車場はガラガラでした。賑やうのはまだ、先でしょうか?


大山元谷2020/05/29

 丸一日晴天の予報に大山に向かったのですが。元谷まで登って来ら山頂付近は雲におおわれていました。ならば、元谷を散策してみようと、まず一度も行った事の無い元谷避難小屋。過ごし易そうな避難小屋でした。


 避難小屋から河原へと降りて行くと、ダイセンクワガタに出合いました。三ノ沢と比べると幾分小柄な気がします。


 そこから、大屏風岩の方へ河原を登って行きます。


 足元に気負付けながら登って行くのですが、顔を上げる度に北壁の景色が変わっていきます。


 そろそろ引き返そうかなと思った頃、ケルンが現れました。あっ、これは50年位前、去年亡くなった親友と来た所ではないかと思い出しました。

大山元谷ハイキング

 確か、その時も此処から大屏風の写真を撮ったなぁ。


 この近くの木陰を探して昼食です。そこに咲いてた、小豆梨(アズキナシ)


 河原を下って行く途中見付けた野花。車葉草(クルマバソウ)に似てますが、葉の数が少ないので、車葎(クルマムグラ)と思われます。


 元谷治山道路から少し脇道に入った所で、小さな花の群生に出合いました。谷桔梗(タニキキョウ)の様です。花が小さいので焦点が葉に合ってしまい、花がボケてしまってます。