大山元谷治山道路2020/05/14

 大型連休前後の恒例行事、元谷ハイキングは新型コロナウィルスの感染防止のため大山周辺の駐車場が閉鎖されて叶わなかったが、今週初めより解除されたので、せめてウォーキングで北壁が望める地点まで行って見ようと出かけました。

大山元谷治山道路

 大山元谷治山道路脇の花は既に初夏の車葉草(クルマバソウ)に覆われてました。


 それでも、所々に早春の深山黄華髯(ミヤマキケマン)が残ってました。


 目を凝らすと所々に初夏の花の岩鏡(イワカガミ)を見る事が出来ます。


 主役は何と言っても大山三つ葉躑躅(ダイセンミツバツツジ)。


 今が盛りと咲き誇ってます。庭木の三つ葉躑躅は薄紫ですが、こちらは赤です。


 下宝珠越の谷径。今年はひっそりとしてます。


 駐車場から歩く事、約45分。目的の北壁の望める地点に来ました。やはり、もう少し雪の残ってる頃、来たかったな。


 夏山登山道の主稜線。何時もなら、登山する人の行列が望めるのですが、今年は人影が見当たりません。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2020/05/14/9246645/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。