熊野大社上の宮跡2020/03/10

 八雲山から熊野大社に向かう道をグーグルマップのストリートビューで下見をしてたら、熊野大社上の宮跡なるものを見付けたので、立ち寄って見ました。

熊野大社上の宮跡

 それぞれのお宮の跡を示す石柱が5本ほど立って居るだけでです。


 その背後に上がる道は何かしら感じる物が有ります。


 岩の窪みに石清水が一滴づつ滴り落ちていて、それを受ける石の鉢が置いてありました。この水は眼病に効くと書かれてあります。


 更に足元の悪い径を登って行くと磐座の様な大きな岩が。この前で祝詞を唱えてから岩の上に上がります。


 岩の上が熊野大社のご神体である天宮山(天狗山)の遥拝所となっています。


 そこから見る天狗山です。この頂上近くに大きな岩があり、それが熊野大社の元宮と言われてます。


追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が二席で入選していました。

       遠藤裕子選       せせらぎの 光纏へる 猫柳

 掲句は昨年の三月の欅句会で出した句で誰にも採って頂けなかった句ですが、着目は悪くないと思い推敲し直し、中七の三文字を替えて投稿したものです。それが二週連続特選となるとは思いもしませんでした。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2020/03/10/9222684/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。