大山北壁遠望2020/02/21

 大山の北壁を撮りに七鳥橋ロードに出かけました。七鳥橋ロードとは汗入農免農道の愛称のようで七つの橋に鳥の名が付けられています。


 北壁を写すには北壁に日が当たり始める春分以降が良いのですが、雪の少ない今年はそれまで待てないです。

大山北壁遠望

 車を走らせながら大山を展望できる橋を探します。先ず、おしどり橋から。


 続いて、隼橋。北壁の微妙な変化を判って頂けたら嬉しいです。


 鴻(オオトリ)橋から撮ろうとしてたら、橋が縦に揺れ始めました。ダンプカーが橋に入って来たのです。橋の形を見る場所が無いので、判りませんが径間の長い橋何だろうなと思いました。


 最後は大鷹橋。ここで、大鷹が見られたら最高なんですが。名を付けた由来は分かりません。


 七鳥橋ロードが終わって、中山 I.Cに向かう途中で写した写真です。


 午後は場所を変えて伯耆町吉定の梅林から。付近で測量してた。ひょっとしたら、この景色を見られるのは後、二三年か?


 梅で一句と行きたいが、雪月花と同じで二音の季語の句は難しい。


コメント

_ N.HUJIHARA ― 2020/02/27 11:33

久しぶりに来ました。七鳥橋道路、旧中山町を東西に走っている道路みたいで、アーチ橋が素敵で 誰かのBUROGで「足がすくんだ」といっています。 「知る人ぞ 知る」で 貴君のFB UPで出かけてみようという人もいるのかもしれません。

_ 朗然 ― 2020/02/28 08:47

N..FUJIHARAさん、久々の訪問ありがとうございます。
七鳥橋の型式を見てみたいのですが、航空写真を見る限り、見えそうなポイントがありません。あれば誰か教えて下さい。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2020/02/21/9216289/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。