安来市の独松山2019/12/16

 今日の最低気温はこの冬一番の氷点下0.4℃。そして、最高気温は13.1℃の快晴の日和。ならば、今年最後の山飯を食べに行こうと安来市の独松山(ドクショウサン)へ。何故この山にしたかというと、大山の真西に位置する山であるから。


 能義平野の南に位置し外見はなんの変哲もない山ですが、月山富田城のある山塊の最高峰です。


 飯生(イナリ)町の独松霊園の駐車場に車を置き登山開始。登り始めて約40分で稜線上にある展望所に到着。そこからは大山と眼下に下吉田町の谷合が眺められます。


 そこから15分で独松山の三角点(320.7m)に到着。


 しかし、最高点は更に西へ100m行った所の鐘つき堂跡の325m。


 ここは展望が利きませんが、木々の間に月山富田城の本丸を覗けます。


 そこから東に引き返して向かったのは標高275mの高盛山。ここで、昼食です。


 ここからは真東に大山。北壁も南壁も隠れて正に出雲富士。

安来市独松山

 北は能義平野を眼下に、中海を隔てて島根半島まで一望です。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2019/12/16/9190129/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。