欅句会 2019.122019/12/03

 兼題は隼と切干。隼は見た覚えがない。ユーチューブで隼を検索すると大磯の海岸に塩を舐めに集まるアオバトの大群に隼が襲い掛かる映像があった。これを基に試しに一句作って、類想があるかとネットで検索するとあるわあるわ。こりゃいかん、実際に見るしかない。句会の鳥博士に訊いてみると、彦名干拓地に居るとの事。早速行ってみましたが、そう思って探すと、どれも見えてしまいます。それらしき姿もありましたが、確信できません。

隼?

 バードウォッチングに坊主は無いでしょうが、そんな気持ちをしたためてみました。

       居たと聞き 隼探す 干拓地

 無様な句なので、誰も採る人は居ないと思ってたのに、同じユーチューブを見て作ったという人と、先生に採って頂きました。先生の評は実際に見に行って、作ろうという行為が句に表れていると。
 私が頂いたのはGRIさんの隼の目を歌舞伎役者の見得を切った顔に見立てた一句。UFOさんの句もそれに近いものでしたが、具体的に詠まれたGRIさんの方を頂きました。そして、もう一句。鳥博士の我が面は鳥博士なら有り得ると思える事柄だと思い頂きました。

 切干は製品になったものしか見た事が無い。実際に干してる景色は見た事が無いし、何処に行けば見られるのか分らない。選者によっては保存食を調理したものは季節感が無いので、季語と言えないという人も居る。しかし、私にはその手しかない。

      書斎まで 届く匂ひや 切干煮

 自分の部屋でテレビかパソコンを見てるとドアは閉めているのに、匂って来るのがこの匂いだ。先生の他、二人の方に採って頂きました。
 私が頂いたのはNOTさんのよく食べるという句。この句を巡って切干の好きな人と嫌いな人が二手に分かれての言い合い。選評はこれが楽しい。そして、もう一句、先生の今は無き乾物屋。昔、元町通りに大きな乾物屋があったのを思い出しました。同じ郷愁を誘ったのか他に5人の方が採っておられました。

 当期雑詠で採って頂いたのは

       凩に 向ひ立ち漕ぐ 女高生

 採って頂いたのは先生だけでしたが、選評で「女高生を詠ませたら朗然さんのもの」と言われ、皆で大笑い。前にSENさんに「女性を詠ませたら右に出るもの無し」と言われた事を思い出しました。

 私が頂いた当期雑詠の句は3句。
  MUJさんの短日は同期生の訃報を思い出し、これからも増えるだろうなと思いながら頂きました。
  KKTさんの冬帽は男の句と思ったのに女性の句とは意外。それにしても女性の若気の至りとは?聞きそびれてしまった。
  NGOさんのコート。絶対NGTさんの句だ。それにしても衣服を詠ませたら右に出るもの無しの表現力です。

追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

       佐藤夫雨子選       一斉に 沖へと動く 鴨の陣

 これで、最低ラインとしていた日本海俳壇年間30句入選突破です。そして、句会の仲間と3週連続ダブル入選。残り後3週。このまま続けて、年を終えたいものです。