大山の紅葉 Ⅳ2019/11/05

 大山の紅葉の仕上げはやっぱり金門。大山寺も平日とはいえ、今日は華やいでます。

大山の紅葉 Ⅳ

 大山寺は勿論、大神山神社奥宮にも参らず、石畳の道を右に曲がって金門へ。


 奥の階段を登れば金門です。


 この時期、北壁は逆光で撮れません。また、レンズに太陽光が入らない様苦労します。


 河原に降りてみると、何時もとは異なる賽の河原の石積み。どうも、石積みアート(ロックバランシング)の講習会か何かがあったようだ。


 金門から見上げた三鈷峰。手前の山は中宝珠と思われる。


 今年は橙色だけでなく黄葉も目立ってます。


 今迄、気が付かなかったけど、元谷の奥の方は葉が白ぽく見えます。一体、何の木、何だろう


追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

       佐藤夫雨子選       秋深し 遺跡の丘に 茶席あり

今週も句会の仲間が入選し、2週連続ダブル入選です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2019/11/05/9173248/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。