欅句会 2019.102019/10/01

 兼題は鰯雲と草の花。鰯雲は皆さん複数句投句された方が多かったのでないかと思うほど多くの句を目にしました。私も5句ほど作りましたが、投句したのはこの一句。

       釣果無き 帰路に出づるや 鰯雲

 魚釣りをしなくなって、もう何十年も経つけど、坊主の帰路に見た鰯雲は今でも思い出します。小生が頂いたのは数ある中で今日の特選となったNOTさんの句。今、日本ではラグビーのワールドカップが開催されてますが、その劇的なシーンを詠まれたもの。句を見た瞬間、NOTさんの句だと思いましたが、躊躇なく頂きました。頂かなかったけど、先生の鰯雲も良かった。何故か、鰯雲の広がった空はいつも以上広く感じます。得点は先生の方が良かったけど、清記が同じ用紙でなかったら、票は分かれたかも。
 草の花は中々イメージが湧かない。どうも、花野と重なってしまう。何とか3句作りその内の一句を出しては見たものの、やはり、駄目でした。イメージが湧かなければ句も中々採れない。何とか重なったのが、GRIさんの句帳。俳句に関する句は俳句をしてる人以外の人には思いが伝わるかなという思いがありましたが、頂きました。

 当期雑詠で頂いたのは今月、高齢者講習を受ける事になっており、合格するつもりで

       高齢者 講習受かり 酌む新酒

 先生を含む三人の方に採って頂きましたが、その内の二人は今年受けられた方々でした。

 半月前、来年のオリンピックのマラソンの出場者を決める大会があった。男女とも2位以内に入り代表の座を決めたのは、本命ではなく、ダークホースとされた伸び盛りの若手でした。

       本命を 下す若手や 竹の春

 先生を含む三人の方に採って頂きましたが、何とこれが本日の特選句。先生の選評は季題の選択が素晴らしいとの事。同じくスポーツの句で特選を採ったNOTさんにも採って頂き、お互いに祝福し合いました。

 私が頂いた当期雑詠句は5句で
  先生の靴下の句は選句で句が詠まれる度に、笑いが漏れる楽しい句でした。俳句はこうでなくっちゃ。
  NYNさんの句は秋の長雨に打たれながら晴天の日を待ちわびる稲穂の気持ちを詠んだもの。作者不詳の有名な句を思い出させるきらいもあってか、頂いたのは二人だけ。
  同じくNYNさんの敬老日は、いくつになっても女心を保つ一句。4点入りましたが、3点が男性票とはこれ如何に。
  UFOさんの句は蜻蛉の群れに囲まれる一時を願う私と先生が頂きました。
  MTNさんの女教師は男性票を集めると思ったのですが、意外にも私以外は女性だけ。そういえば我々の頃は女教師は家庭科と音楽以外は居らず、句の様なお洒落な先生は見かけなかったと思います。

追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

       佐藤夫雨子選       山頂や 下界に点る 遠花火

 山頂の山小屋に泊まった時、下界の夜景の中に花火が灯るのを見たのを思い出して詠んでみました。
 


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2019/10/01/9160311/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。