須佐神社2019/07/25

 公民館の就将の宝散策の会で須佐神社を訪ねるとあり参加しました。須佐神社は須佐之男命自ら御魂鎮めの地とされた神社で出雲のパワースポットとされてます。下の写真は鳥居の前から隋神門を見たところですが、

須佐神社

 反対側には天照社が置かれ、何時でも姉君に会いに行ける様にされてます。


 鳥居を潜って右側に手水所。立派な神社なのに屋根はありませんが、四方に竹が差してあり注連縄で囲ってあります。


 隋神門の神は鳥居の方を向かず、左右相対しており、神の足元には狛犬がいます。したがって、狛犬は外には一つも置かれていません。


 隋神門を潜ると両側に末社。須佐之男命と天照大御神の誓約(ウケイ)によって生まれた八つの神様が祀られてます。


 東末社の後ろにある塩井。塩分を含んでおり大社の稲佐の浜と繋がっていて、日本海の干満に合わせて水位が上下するといわれたそうです。


 拝殿は伯耆一宮の倭文神社の拝殿を思わせます。


 拝殿と本殿の間に通殿というものがありました。本殿は出雲大社の本殿をそのまま小さくした造りで内部も同じ間取りとなっているそうです。


 本殿の後ろに杉の神木。周囲7m、高さ30m、樹齢1,300年の杉の大木です。


 一番奥には三穂社。三穂津比売命と事代主命が祀られています。


 茅の輪はここでは夏越しの祓ではなく2月3日の節分の日に授与され、各家の玄関に注連縄の様にかかげられてます。


 須佐神社の後に訪れたのは八雲風穴。


 内部の気温は一年を通じてほぼ10℃。冷気で靄がかかってます。


 八雲風穴とは富士山の氷穴の様な物と思ってたら違ってました。人が作った穴だったんですね。詳細は下の写真を読んで下さい。