欅句会 2019.072019/07/02

 今月の兼題は何と、8年前と全く同じの梅雨とさくらんぼ。8年前の梅雨の句は

       仙人掌を出窓に飾る梅雨晴間

で、先生の選に入り、更に朝日新聞のとっとり俳壇で二宮先生の選にも入った。これを超える句で8年の成果を見せなくてはと臨んだが一般撰にも入らず。8年の間進歩が無かったと証明させられた結果となってしまいました。私が頂いたのは

 YSTさんの梅雨冷え。貼り薬が肩や腰の痛みが梅雨冷えに利いていると思えました。

 さくらんぼはおもしろい句が多く票が分かれたと思われますが、私が頂いたのは

 NOTさんの姉妹。兄弟ではないのが、さくらんぼらしくて良いと思いました。

 当期雑詠は三句共、先生好みの句を揃え、狙い通り先生の選を頂きました。それは酒の句と山の句です。

       居酒屋の 〆に頂く 豆の飯

 これは吉田類の酒場放浪記を見てて、思い付いた句。

       雪渓の 風に揺らぎし 栂桜   


 三ノ沢の雪渓の脇を登って行って出合った栂桜です。栂桜は図鑑には中部山岳以北の高山に植する高山植物とあり、これに大山で出合えたという感激を句にせざるおえませんでした。

       赤テープ 目がけ薮漕ぐ 登山かな


 5月に道後山に初めて持丸登山口から登ったのですが、余り登る人が居ないのか、頂上近くまで薮漕ぎに悩まされました。頼るのは木の枝に結ばれた赤テープとスマホのGPS。この句は先生しか採らないだろうなと思ってましたが、予想通りでした。私が頂いた当期雑詠の句は5句。

 YSTさんの夏座敷。今日の特選となった一句。小生の他の句会で詠んだ句に近いが、上五の風情が断然良い!
 DTTさんの風鈴を耳だけではなく他の五感で感じた句。俳句はできるfだけ複数の感覚で表現するのが良いようだ。
 IOTさんの船芝居。十年に一度の松江の船神事を詠んだ句で、私一人頂きました。
 HDYさんの曝書。曝書は小生の最初の日本海俳壇一席の句で、大切にしたい物を取っておきたい気持ちは同じです。
 先生の不如帰。先生らしいスケールと勢いのある一句に惚れました。

 採らなかったUFOさんの句。本日の特選となった理由が下五。私が採らなかった理由は三段切れと下五。ん~ん!

 今回より子育て中のママが参加。園児の様子を詠む句に皆ほっこり。メンバーの平均年齢も下がり、益々楽しい句会になって行きそうです。
 

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2019/07/02/9110664/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。