大山 三ノ沢2019/06/13

 まだ梅雨入りはしてませんが、抜ける様な五月晴れです。一昨年、途中で断念したツガザクラに会いに三ノ沢に向かいました。ルートは広島県三原市から来たという先行の6人の後を追えば何とかなるでしょう。

大山 三ノ沢

 元谷では中々合えないダイセンクワガタ、三ノ沢では少し上がっただけで普通に見られます。


 銀竜草(ギンリュウソウ)、ユウレイソウとも呼ばれますが、生まれたてでしょうか、こんな可愛い銀竜草に出合えたのは初めてです。


 万緑の中で目立つのは谷空木(タニウツギ)。背景に大山南壁を入れてみました。


 最終堰堤を越して少し歩くと目の前にこの風景。前を行く三原のグループの一人が「涸沢みたい」と叫んでました。


 ここからはガレ場歩き。何度もくじけそうになりますが、なんとか栂桜(ツガザクラ)の咲いてる所までと登りました。


 県外から来られた方は岩鏡(イワカガミ)の赤に目が行き、気が付かない人が多い様です。気が付いた方も赤物(アカモノ)と思われた様です。花は似てますが、赤物より小さく、葉が栂に似てます。


 岩鏡と栂桜のお花畑です。


 標高は 1,550 m位。時刻も正午を過ぎました。前を行く三原のグループは更に先へと進まれました。


 槍が峰まで標高差で百米程度ですが、ガレ場の下りに自信がないので、ここらで私は撤退とします。


 今日の軌跡と標高図です。


 久し振りに明日は足が筋肉痛になりそうです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2019/06/13/9086182/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。