欅句会 2019.062019/06/04

 今月の欅句会は平年より一ヶ月遅れで大山吟行です。


 6月に大山寺周辺で吟行をするのは初めてだと思います。一ケ月ですが、景色は変わり使う季語は変わります。


 吟行の際中、山楽荘の前庭で二人静が咲いているのを見付けました。初めて見る人が多く、わいわいがやがやと一人静と二人静の違いを談議。ひっそりと佇んでいた二人静にとっては迷惑な事ではなかったかと


       わいわいと 見られし二人 静かな

 二人静を詠んだのが小生一人であったお蔭で先生を含む五人の方に採って頂きました。

 昼食は山楽荘の山菜精進料理。その中でイカの刺身と称するものが、半透明で涼しさを醸しだしています。


       精進の 刺身もどきや 夏料理

 誰も採らないな。吟行句らしくないからしょうがないや、と思ってたところ先生の選の最後の特選で採って頂きました。吟行で特選句に選ばれると、先生より短冊が頂けますが、3年ぶりに頂きました。

 私が頂いた7句は
  MUJさんの午睡。今日なんか吟行に出かけないで、宿でじっとしてたら睡魔に襲われてしまうのでしょうね。
  SNIさんの落し文。吟行の途中、YDSさんが落し文を拾って皆がそれを回した見ました。それを出句した方は他にもおられましたが、私はSNIさんの句が一番しっくり来ました。しかし、他の人はUFOさんの句の方が面白いと思われて、先生も特選で採られてました。
  MUJさんの汗。石畳の参道を登る時の景色であろうか。脇を流れる水音に滲む汗が癒されたと思われます。
  KKTさんの夏の蝶。吟行のおりに飛んでたウスバシロチョウは氷河期の生き残りと聞く。それを踏まえた一句でした。
  NOTさんの登山。吟行より帰って直ぐに山楽荘の山菜料理。それまで履いていたのは登山靴。その取り合わせが面白い。
  SNIさんの松蝉。松蝉の鳴き声に包まれた参道の石畳を登って行くと、一呼吸置いても蝉は休まず泣き続けている。そんな光景が伝わって来ます。
  SNRさん河鹿。南光河原で聴いた河鹿を詠んだもの。これを頂いたのは私一人。KKTさんの河鹿を採られたのは先生一人。しかも、特選で。先生の採られた特選句5句の内3句は私も選句の候補に入れているのですが、何れも最終的に落としている。この差はいったい何なんでしょう?

追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が入選してました。

       遠藤裕子選      ホルンスタイン 寝転ぶ陰や 大夏木

 昨年の7月の欅句会の兼題で出した句の中七を変えて投稿した句です。

  
  

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2019/06/04/9081064/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。