桜と城と大山と2019/04/05

 今年は暖冬だからか、それとも暖冬なのにかは解りませんが、満開になるのが去年より一週間遅いです。今年も先ず米子城で花見です。


 毎年、同じ場所で同じ様にカメラを向けてますが、写った写真は毎年何処となく異なるのはなぜでしょう。


 桜の木の成長が送させるのか


 それとも大山の雪の残り具合が年によって異なるからか


 天守台から中海を見るこの構図も毎年同じです。


 去年と異なるのはカメラを替えたから、余計、そう思うのかもしれません。


 遠見櫓址から天守台の石垣と大山を入れて桜を写すのも何時ものパターンです。


 番所址の桜はかなり老木となっていますので、何時までこの景色が見られるか分かりません。

桜と城と大山と

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2019/04/05/9055841/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。