羽衣石山城跡2019/03/18

 戦国時代の山城の跡であり、中国地方の山百選に選ばれている羽衣石山に登る事にしました。

羽衣石山城跡

 山頂の標高は376mですが、標高200m付近に駐車場が整備されてます。


 昔は整備された石段だったでしょうが、長年の風雪で崩れ苔むした石がごろごろとした登山道を登って行きます。


 それを過ぎると石垣の様な自然石の岩壁が現れます。如何にも戦国時代の山城と思わせます。


 山頂部は三段の平地となっており山城の本丸の跡だと分かります。


 見晴しの良い場所に模造の天守が設けられてます。南条氏の子孫が自費で建てられたと聞いてます。


 天守の立って居る付近からの景色は抜群です。西に雪を頂いた大山。


 北に東郷池。東と南には近くに山があり展望は利きません。東の山がここより少し高いのが気になります。


 山頂から少し下った所に天女が水浴のため羽衣を掛けたと言われる羽衣石があります。この石も城壁を思わせます。


 折角大山が綺麗に見える時にここまで来たので、帰りに大山をバックに私の設計した橋を撮る事にしました。


 倉吉の西の出口に掛かる橋長146mの出口橋です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://ronem.asablo.jp/blog/2019/03/18/9048736/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。