大山の紅葉 Ⅲ2018/11/03

 大山の紅葉の仕上げは川床と寂静山。川床は紅葉の渓間の奥に岩峰が聳える独特の景色です。

大山の紅葉

 しかし、渓が南北に流れているので、左岸の斜面には午前中。


 右岸の斜面には午後からでないと日が当たらないので、午前と午後に分けて来なければなりません。


 その間に訪ねるのが寂静山と言うかお里の松。


 この時期、北壁には日が当たらず黒くしか写りませんが、大山の紅葉は鍵掛峠と甲乙付け難い。


 あえて言えば黄葉の大山か、紅葉の大山かと言うところでしょうか。


 お里の松から大山寺に向かう道は黄葉紅葉のグラデーションです。


蒜山 中蒜~上蒜縦走2018/11/04

 6年ぶりに蒜山を登ってみる事にした。今回は少し欲張って中蒜山~上蒜山の縦走だ。9時に塩釜の登山者駐車場に車を停めて出発です。

蒜山 中蒜~上蒜縦走

 中蒜山は麓から直登で稜線を目指すので中々の急登です。それを癒すのが所々に現れる紅葉です。


 登り始めて1時間弱で稜線に到達。背後に今回は登らない下蒜山が現れます。


 そこから10分足らずで中蒜山の山頂に到着。


 中蒜山山頂の展望は大山が望めない事を除けば三山随一です。南に蒜山高原の全容。


 西にこれから向かう上蒜山。その奥に矢筈ヶ山と甲ヶ山。


 北に日本海。 その手前には倉吉の市街地です。


 中蒜山から上蒜山にかけては初めて歩く径。鞍部までは快適でしたが、折り返しの登りのきつさは下蒜山なみでした。


 中蒜山から約1時間で上蒜山山頂に到着。12時を過ぎてましたが、ここは展望が悪いので20分ばかり下った剣ヶ峰を目指します。


 午前中登った中蒜山、そして上蒜山への縦走路を眺めながらの昼食です。


 振り返れば大山ですが、雲が上空にあり、陰っていて綺麗には撮れませんでした。


 14時15分上蒜山登山口に無事下山。登山口が牧場の中である事は知ってましたが、牛の出迎えを受けたのは初めてです。



 今日の活動軌跡です。


 上蒜山から中蒜山の駐車場までは約5kmの道程。1時間で歩けますが、もうその気力は残っておらずタクシーで。料金は2,260円ですが、中蒜山から一緒になった人と相乗りで半額で済みました。

欅句会 2018.112018/11/06

 11月の欅句会は大山吟行です。紅葉真っ盛りですが雨の吟行となりました。今回、人の写ってる写真は人物が誰か判らないようピクチャーモードをリーニュクレールにして撮って見ました。でも、句会に参加された方は誰が写っているか判ると思います。


 大神山神社の奥宮の参道ではこの雨の中、結婚式の前撮りが行われてましたが、この情景を詠んだMUJさんの句を頂きました。


 私が吟行で詠んで採って頂いたのは3句。先ずは

         野仏の 赤の前垂れ 秋惜しむ


 季語が動くかなと不安でしたが、先生の他一人の方に採って頂きました。

 金門は雲が立ち込めて、北壁を隠してますが、大山開山1300年を錦で彩って終わろうとしてると思い

        開山を 祝ふ野山の 錦かな


 先生に採って頂きましたが、選評はいただけませんでした。この景色を見て特選を取られたのがMUJさん。紅葉に目が行かず、北壁を隠す霧を詠まれるとは、流石です。
 また、SNRさんは晴れた景色と煙った景色のそれぞれの良さを詠まれ頂きました。

 帰りに大山寺の境内を通ると直ぐ傍で鐘が響き、久し振りに近くで聞いたので

       鐘響き 紅葉震わす 大山寺


 その時、私の傍にいた人に採って頂きましたが、公民館の句会の先生なら大山寺が効かないと言われそう。

 昼食は茸の精進料理。精進料理で満腹になったのは初めてです。胃袋が小さくなったのかな


 私の前に座った人は私と食事しながらの会話を先生の選となる一句にしたためられました。

 私が頂いたのは上記の他に下記の三句。
  DDTさんの築地市場の移転を詠んだ秋惜むは作者ならではの一句で特選三句の一つに選ばれました。
  NOTさんの落葉は句会の火打窓(カトウマド)から見える景色を素直に詠まれてました。
  SNIさんのストーブが宿坊の玄関で出迎えてくれた嬉しさが伝わる句でした。

 句会が終わったのが午後4時。この時期この時刻に大山に居る事は滅多にないので、鍵掛峠の夕焼けを見に行ってみました。


 残念ながら雲が大山にかかり、南壁に日の射すのを見る事が出来ませんでしたが、一瞬稜線が現れた時を狙って撮った一枚です。

追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

       椋誠一朗選       うそ寒に 肩を叩かれ 赤提灯

 この句は3年前の欅句会で出した うそ寒に背中押さるる赤提灯 を推敲し直して投稿したものです。

紅葉の大山 Ⅳ2018/11/11

 快晴の小春日、大山へ最後の紅葉狩りに出かけました。紅葉の撮影ポイントで今年未だ行ってない奥大山スキー場へ。


 ゲレンデより木谷沢を見ると黄葉の林が綺麗でしたので中に入ってみる事にしました。


 川は日が山影に入っていて撮影に不向きでしたので、木々を求めて散策です。


 鍵掛峠の紅葉はピークを過ぎてますが、雲一つかかってない南壁は今年撮れてないので立ち寄って見ました。


 最後は今年未だ通ってない溝口方面に下って大山を振り返りました。これぞ伯耆富士です。


銀杏2018/11/13

 今朝の日本海俳壇に下記の句が特選一歩手前で入選しました。

       野田哲夫選       銀杏を 避けて登るや 大手道


 国道9号は米子城の大手門址付近より場内を横断して深浦に抜けますが、その間は銀杏並木となり、歩道はこの時期、黄色の落葉に覆われます。


 見た目は綺麗なのですが、気を付けないと銀杏の実が落ちていて、踏んづけると滑る恐れや匂いが靴に付いてしまいます。その事を句にして見ただけですが、それが特選一歩手前とは驚きです。