秋の風2018/10/30

 今朝の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

       遠藤裕子選       無人駅 頬を撫でたる 秋の風


 今月の初め、山陰本線に秘境駅と呼ばれる駅があるのを知った。それは鳥取県と兵庫県の県境の傍にある居組駅。集落から離れた山の中にあるので一日の乗降客が十人程度とか。駅舎は1911年の開業当時のままという。私はこの駅のホームに私は立った事が無いが、隣の諸寄には降りて海水浴し泊った事がある。写真はネットで見付けたのを拝借しましたが、何故か懐かしさを感じました。その駅舎が老朽化のため建て替えになりそうだと聞き、それで浮かんだのが掲句です。