欅句会 2018.102018/10/02

 今月の兼題は水澄むと秋茄子。秋となり、水が澄んで来たなと思うのは、家の前の承水路に魚影がハッキリと見える様になった時であるが、見慣れた景色は感動が浮かばず句も浮かばない。秋、山歩きしていて水が綺麗だと思うのは谷底を流れる清流の瀞の所だ。透明なエメラルド色した深淵を見下すと、はるばる歩いて来た甲斐があったと疲れが吹っ飛びます。

       水澄て 地獄の渓や エメラルド


 自分ではいまいちと思ってたのですが、何とこれが今日の特選句。山歩きの好きな先生も同じ思いをしたのかもしれない。他に採って頂いたのは一人ですが、この方は昨年、サファイアでも採って頂きました。私が頂いたのは二句で何れも高齢の方の句でした。一つはダム湖の湖底、もう一つはサンショウウオの澄む清流。何れも故郷を思い出しての句であろうか。

 秋茄子は松江に住んで居た時の景色を思い出して詠んだもので

       バス停の 脇に秋茄子 無人市

 水澄むより此方の方が自信あったのですが、別に秋茄子でなくてもいいじゃんと言われればそれまで、一点止りでした。私が頂いたのは二句共KKTさんの句で、一つは嫁姑の嫌みの会話を詠んだ句であろうか。冒険心にご褒美。もう一つは、我家にはないメニューの茄子料理。見てみたい、食べてみたい。

 当期雑詠で採って頂いたのは、一句のみで二人の方に採って頂いた

       野仏の 肩に添いたる 杜鵑草

 城山の石仏の脇に杜鵑草(ホトトギス)が咲いているのを見て詠んだのですが、隣に座っていたSENさんに綺麗過ぎて採れないと言われました。想像句と思われる句だったのでしょうか。

 兼題で二句づつ採ったので、投句雑詠で頂けるのは三句。その内の二句がKKTさんの句。一つは鳥威(トリオドシ)。鳥威がなった時の鳥の行動をコミカルに詠まれて面白く、他に4人の方が採られました。もう一句は今年米。炊き立ての新米に塩を軽く振って食べると、おかずは無くともお替りしたくなります。そんな気持ちを、これまたコミカルに詠まれてました。これで、KKTさんの出句5句の内4句を頂いた事になります。どうせなら5句全てを頂ければ完璧だったでしょうが。
 当期雑詠で頂いた最後の一句はMUJさんの秋出水。出水の句は私自身何句か作ったが何れも駄作に終わった。それを香りで表現されたのには参った。しかし、夏の季語の出水でもいいじゃんと言われればそれまでかもしれない。それが、先生の選に入らなかった理由かもしれない。

実りの秋2018/10/03

 例年なれば彼岸のころ訪れる御机の棚田が十月となってしまった。それ程、先月は晴れた日が無かったという事だ。


 既に、刈入れの終わった田圃もあり、一面の黄金色と言う訳には行かなかった。


 稲穂を近景に遠くの棚田を撮って見ました。


 ご存じ、御机の撮影ポイント。今日は人が居なかったので、離れた場所から撮って見ました。


 茅葺小屋の近景。秋桜はほぼ盛りを過ぎて、アップして撮るには遅すぎました。


 代わりにアップして撮ったのが芒です。芒が銀色に輝く頃は背景の田圃は苅田になっている事でしょう。


だいせんまきばみるくの里2018/10/12

 朝起きて、窓を開けると小鳥の鳴き声がうるさい。ベランダに出てみると、燕がいっぱい電線に止まって居る。南に帰るため集まっているのだ。今朝の最低気温が11.4℃だったので、もうここには居られないと思ったのでしょうね。


 新聞を開いてみると、ミシュランガイドに鳥取県の飲食店が掲載されたと言うニュース。その中に、昨春、実家を譲って料亭となった「伯州 鈴乃希」が入っていた。元の家主としても嬉しい限りです。
http://www.suzunoki.tottori.jp/


 午前中、だいせんまきばみるくの里に無塩バターを買いに出かけたら、視界が半端ではない。島根半島と右端の孝霊山の間に隠岐の島前が見えるではないか。


 そして、孝霊山の右側にはうっすらと島後が。


 もちろん、米子や中海もバッチリ。更に宍道湖に松江の市街地も。今日は少し寒かったけど景色を楽しませて頂きました。


去ぬ燕2018/10/16

 今朝、窓を開けると先日以上に燕が集まっていました。

去ぬ燕

 いよいよ本体の旅立ちかも知れません。


 目の前の承水路では次から次へと水切りしてます。水を飲んでいるのかな?


 電線に止まって居るのをズームアップしてみました。長旅に備えて餌を沢山食べたのか、肥えている様に見えます。


 飛行中の燕を狙って見ました。普段は早すぎて追いきれませんが、電線に止まる直前なら何とか写せます。


 朝食後、ブログを開いてみると何とアクセスランキング1位に1ヵ月半ぶりに返り咲きしてました。


追記:今朝の日本海俳壇に下記の句が入選しました。

       野田哲夫選       吟行の 歩み止めたる 走り蕎麦

 句そのものは一昨年の大山吟行で詠んだものです。

秋の法田海岸2018/10/21

 9月10月と天候に恵まれず、10月の下旬となってやっと美保の北浦に訪れる事が出来ました。


 何時も通る道は工事中で通行止めでしたが、日曜日に来たお蔭で工事はしておらず、歩くには支障なく目的地まで行けました。

秋の法田海岸

 このエメラルドグリーンの海を見ないと我が家の夏は終わりません。


 法田トンネルの法田寄りの展望所から覗いた海岸線。


 遠くには隠岐の島前と


 島後も望めました。ここから島後が見えたのは初めてです。秋だからこそ見えたのかも知れません。


 道路沿いには秋の外来種セイタカアワダチソウが花盛り。しかし、背景が岩礁と言うのも珍しいですよね。