大山元谷ハイキング 20182018/05/11

 20年以上続けてる我が家の春の恒例行事、元谷ハイキング。今年は家内の膝の調子が悪く、行けないと思っていましたが、行ける所まで行って見るというので、出かけました。

大山元谷ハイキング

 ハイキングと言っても、コースは大部分コンクリート舗装の治山工事道路です。


 家内の足に合わせてゆっくりと野花を探しながら登って行くと、見た事の無い花に出合いました。始めは稚児百合の蕾かと思ったのですが、何か違っているので写真に撮って調べてみる事にしました。
 帰宅後、調べてみると宝鐸草(ホウチャクソウ)の様です。


 芹のような葉に小さな白い花が。これも帰って調べてみると、仙洞草(セントウソウ)の様です。


 葉の形は似ててもこれは深山黄華鬘(ミヤマキケマン)


 今年は花の時期が早く、下の方は散ってしまってましたが、標高千米近くまで登ると咲いてました、大山三つ葉躑躅(ダイセンミツバツツジ)


 歩き始めて約1時間で元谷に到着です。更に堰堤を一つ越えた所で昼食です。何時もならここで最後のお花見弁当を楽しむのですが、終わってました。


 ガレ場にひっそりと咲いてた小さな花。これは分かりませんでしたが、深山旗竿(ミヤマハタザオ)ではないかと、連絡がありました。


 沢から見上げる両岸の斜面は新緑真っ盛り。森林浴、満喫のハイキングでした。


 帰路、白い花、満開の大きな木を見付けました。滑らかな木肌にオオカメノキの様な葉。小豆梨(アズキナシ)ではないかと思いますが、如何でしょうか?


追記:今朝、出かける前、句友より FB で朝日新聞のとっとり俳壇に私の句が入選してると連絡がありました。

     石山ヨシエ選     薩摩より 愛でて弘前 花疲     釋 朗然

 欅句会から他にKDHさんが先月の句会で出された句が一席で入選です。句会で頂いたのは私一人だったので、何でと思っていましたが、目に狂いはなかった (^-^)v