日本千名山 花見山2018/04/13

 手軽に登れて、春に登っていない山を探したら、花見山が目に入りました。自宅から車で約1時間で標高980m付近まで登れます。花見山スキー場のゲレンデは満開の黄水仙で覆われてました。


 スキー場管理道の終点に車を置き15分ほど登ればスキーリフトの終点です。ここからは岡山県の県北の山々が見渡せます。左端の三角錐の山は星山だろうか。右端のピークは昨秋登った雄山。


 スキーリフトの終点の傍に花見山探索遊歩道の入口があります。ここから頂上までは登山道と言うより、その名の通り遊歩道です。


 最初のピークより、東屋のある頂上が見えます。


 この時期、野花は期待していなかったけど、早春の代表花のスミレサイシンや


ミヤマカダバミは流石に咲いてました。撮り慣れた花ですが、今年最初となると、シャッターを押してしまいます。


 歩き始めて45分で花見山山頂(標高1,118.0m)です。遠くに大山、足元に一等三角点の石柱。


 大山をズームアップしてみました。手前の山は同じく日本千名山の宝仏山ですが、上から見下すと存在感が無くなります。


 西に目を転ずると、手前に同じく日本千名山の大倉山、そして手前右端より左へ鬼林山、稲積山、道後山と続き、更にその奥に霞んでいるのが、左より福田頭、比婆山、吾妻山、猿政山と広島県の備北の山が見渡せます。


 帰り道、立ち寄りはしませんでしたが、滝山公園のミツバツツジが満開の様でした。