チャペルコンサート2018/04/08

 幼馴染が教会でコンサートを開くと言うので行って来ました。


 聖堂のドームに反響してマイク無しとは思えぬ音量で客席に伝わって来ます。

チャペルコンサート

 硬い歌だけでなくコミカルな歌もあり、客席は大盛り上がり。


 テノールの諏訪部匡司さんの歌うオペラ「トゥーランドット」の「誰も寝てはならぬ」。有名な曲ですが、生でプロの声を聴くとさすがに素晴らしいと感じます。


 こちらもプロでメゾソプラノの田中友輝子さん。凄い声量で間近に聴いていると、マイク無しの人の声とは思えません。


 最後に子供達による花束贈呈に謝辞をマイクで述べられているのですが、こっちの方がはるかに音声が小さかった。