醍醐桜2018/04/02

 新日本名木100選に選ばれた醍醐桜を見に出かけました。岡山県真庭市別所の山間の小高い所にあります。

醍醐桜

 道は狭いですが、開花時期は一方通行となり要所にガードマンが立って居て迷う事はありません。今日は花粉の飛散がひどく、遠景が霞んでます。


 アズマヒガンザクラで後醍醐天皇が隠岐に流される時、この桜を見て称賛したことからその名が付いたそうです。


 樹齢千年と言われ、その後ろに後継の桜が植えてありますが、これも見事な花を咲かせてます。


 醍醐桜から山道を 4.6 km走った所に岩井畝の大ザクラというのがあり、ついでに寄ってみました。地図を見た時は、迷わないかと心配でしたが、標識が随所に立って居て迷わずに行けました。


 こちらも同じアズマヒガンザクラで樹齢800年とされてます。日当たりのせいかまだ五分咲きです。


 朝8時半に家を出て、正午には根雨まで帰って来れたので、お昼はそば道場たたらやで頂く事にしました。


 頼んだのは、ざる蕎麦 820円。出雲蕎麦の圏内にありながら更科蕎麦に近い色と味です。


 食べログで鳥取県西部のそば屋のランキングでは12位の店ですが、お昼なのにお客さんが私を含め5人とは寂しい。