伯耆一宮 倭文神社2018/03/23

 雨上がり晴天、しかも前日はかなりの冷え込み。絶対大山が遠くからでも綺麗に見えると思い、中国地方の山100選に選ばれている羽衣石山に向かいました。しかし、駐車場に着くと「鳥取県中部地震の復旧工事のため立入ご遠慮下さい」の看板。しかも登山道は工事用モノレールが敷設されていてとても登れる雰囲気では無い。断念して近くの伯耆一宮倭文(シトリ)神社に参拝する事にしました。

伯耆一宮 倭文神社

 神門は伯耆の国一宮に相応しい門構。しかし、一宮でも官幣小社です。出雲一宮とは大違いです。


 手洗舎と拝殿。参拝客はチラホラで、全国の一宮の中では一番参拝客の少ない神社ではないだろうか。


 拝殿の柵の前に建つ狛犬は古くて風格があります。


 拝殿は横に広く他では見かけない形状です。


 拝殿内部は明るく開放的な造りとなっています。


 本殿と拝殿。拝殿の後ろより、本殿をコの字状に囲む柵がめぐらされてます。


 本殿に出来るだけ近付いて撮ってみました。白木の彫刻に目を見張ります。


 大山を背景にした東郷池。東から大山を見る事が稀なので、何処の山かと思ってしまいます。


 手前は、臨海公園はわいスケートパークです。

       ハワイより 雪の大山 撮りにけり

なぁ~んちゃって(笑)